田舎出身のアラサー女子が語る!田舎暮らしのメリット・デメリット

田舎出身で、現在は都会で仕事に邁進する”アラサー女子”tsmです。

今回は、生まれも育ちも田舎で、かつ、都会での仕事生活も経験した私だからこそ

伝えることができる、田舎暮らしのメリット・デメリット記事にしました。

田舎と都会の両方を知り、アラサーとなった今感じることをお届けできればと思います。

  • 田舎暮らしはしたことないけど興味はある
  • 田舎に戻るか迷っている

など、少しでも田舎暮らしを考えている方に、参考にしていただければ幸いです。

目次

田舎暮らしのメリット・デメリット 〜生活面〜

田舎暮らし生活面のメリット

空気がきれい

言わずもがなですが、田舎の空気はきれいです。

純度? 透明感? 美味しさ? 軽さ?…

何という言葉が適切か分からないのですが、とにかく都会と違うことははっきりしています。

都会に住んだことがある方は分かると思うのですが、マンションについている24時間換気システムのフィルターの汚れがひどく、ぞっとしたことはありませんか?

それほど都会の空気は汚れているということですね。

田舎では、外に出て、ただ深呼吸をするだけで幸せになれます

騙されたと思って、ぜひ1度田舎に行ってみてください。

驚きますよ。

趣味の幅が広がる

田舎では、何をするにも制限がないことが多く、やりたいと思ったことに挑戦することができます。

例えば、DIYで自分好みの本棚を作りたいなと思ったとします。

都会では、庭などの作業スペースが自宅になかったり、ご近所さんに対する騒音を気にしながら作業することになり、棚を一つ作るのに様々な制限が発生すると思います。

しかし、田舎は違います。

家の敷地内に、DIY作業をする土地があるお宅がほとんどだと思います。

また、近所といっても都会ほど隣り合っていることは稀で、騒音も気にする必要はほぼありません

他にも登山やキャンプ、スキーやスノーボードなども近場で楽しむことができますよ。

田舎暮らし生活面のデメリット

口コミの広がり

これは田舎あるあるだと思うのですが、特に親世代の情報の広がりの速さは尋常じゃないです。(笑)

「〇〇ちゃんは、今A社で働いてる」

「〇〇くんは、最近結婚した」

「〇〇さんが始めたケーキ屋さんのタルトが、美味しい」

など、良いことも、悪いことも、あっという間に広がっていきます。

我々アラサー世代の感覚でいうと、あまり深入りされたくないところが、一つや二つはあると思います。

そこが脅かされる可能性があるというのが、田舎のデメリットの一つとして挙げられるのではないでしょうか。

田舎暮らしのメリット・デメリット 〜仕事面〜

田舎暮らし仕事面のメリット

起業する上での競合が少ない

都会では多くの企業がひしめき合い、自分がやろうと思ったことは既に他の誰かがやっているということがほとんどですよね。

田舎では、人も企業も都会に比べて少ないため、自ずと競合も少なくなり、起業に挑戦して成功しやすいといえるのではないでしょうか。

私の田舎でも、主婦の方が自宅を改装してケーキ屋を始められた方がいらっしゃいます。

歩いて行ける距離にケーキ屋がなかったこともあり、潜在ニーズをうまく見つけた良い例だと思いました。

前述したように、田舎の口コミで瞬く間に広がっていくため、広告宣伝費はほぼかからないでしょう。

ワタリドリブログ
404: ページが見つかりませんでした | ワタリドリブログ

満員電車からの解放

田舎暮らしでは、ほとんどが車通勤になります。

好きな曲を聞いたり、ラジオをかけて、朝から自分だけの空間を楽しむことができます。

都会では当たり前の満員電車によるストレスとは無縁です。

人生の幸福度が上がると言っても過言ではないでしょう。

田舎暮らし仕事面のデメリット

給与が低い

都道府県 平均年収
全体 男性 女性
東京都 438 万円 490 万円 383 万円
神奈川県 430 万円 484 万円 354 万円
千葉県 414 万円 462 万円 342 万円
栃木県 410 万円 444 万円 331 万円
埼玉県 408 万円 455 万円 335 万円
茨城県 408 万円 450 万円 330 万円
群馬県 389 万円 422 万円 320 万円
山梨県 384 万円 418 万円 309 万円

引用元:DODA(https://doda.jp/guide/heikin/area/)

やはり地方になればなるほど、都心部と比べて給与は低くなります。

年収で70~80万円ほどの差が出るのは、大きなデメリットと言えるでしょう。

しかし、これは平均的な数字ですので一概には言えません。

一度、興味のある地方で勤務すると仮定して、ご自身の市場価値を確認してみてはいかがでしょうか。

仕事に偏りがある

田舎の仕事は、やはり農業や漁業、林業などの一次産業に偏ります

最近では、リモートワークの広がりにより、都心部でしかできなかった仕事が地方でもできるようになりつつあります。

今後に期待ですね。

あわせて読みたい
「田舎暮らしは仕事がない」はウソ!田舎ならではの3つの働き方 ども、しおみです! こんな相談を受けたのですが、本当に仕事はないのでしょうか? どんな仕事があるのか? 田舎暮らしならではの仕事は? どんな働き方がおすすめ? 今...

田舎暮らしの一押しポイント

星がとても綺麗に見えるところです。

天然のプラネタリウムですね。

夏のお風呂上がりに涼みながら見る星空。

冬の澄んだ空気に美しく見える星空。

空が広く近く感じ、ずっと見上げていても飽きません。

『田舎の星空』

これが、私の一押しポイントです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、実際に私が感じていることを中心に、田舎暮らしのメリット・デメリットを記事にしてみました。

田舎出身者のリアルな声です。

これを参考に、田舎暮らしを検討してみてはいかがでしょうか。

参考になったらシェアしてね!

この記事を書いた人

こんにちは。tsmです。
田舎出身、都会在住です。現在は、旅行関係のお仕事をしています。自然が大好きで、実家の畑を手伝ったり、仲間と山登りをするのが趣味です。
将来は、自然豊かなところでのんびり暮らす老後を思い描き、日々奮闘しています。

目次
閉じる