田舎移住

かしこく利用しよう!沖縄の地域ごとの移住支援制度まとめ

こんにちは!

辛い物を食べて暑さを乗り切るつもりのkanaです。

  • 20年住めば土地、住宅無料
  • 空き町屋改修費200万円補助

など、移住支援制度が充実している市町村が多くなってきています。

沖縄県にも移住支援を行っている地域は多く、特に高齢化の進む市町村では

子育て世代への移住支援が充実しています。

今回は沖縄移住で利用できる移住支援についてご紹介いたします。

沖縄県が行っている移住支援制度

沖縄県では3つの就業支援事業を行っています。

県内企業人材確保支援事業「りっか沖縄」

UIターンの就職希望者に対する情報共有、県内企業とのマッチング等のサポート。

ITキャリア沖縄

IT業界の求人を掲載中。東京、大阪での移住イベントも。

沖縄バイオ人材マッチング

県内のバイオ系企業と全国の人材をマッチングすることを目的としたwebサイト。

スポンサーリンク

沖縄の各市町村が行っている移住支援制度

県が行っている就業支援のほか、各市町村では渡航費の助成や住まいの支援も
行っています。

沖縄本島の移住支援制度

うるま市

うるま市への移住に関する情報

沖縄県本島中部に位置する沖縄県第3の都市、うるま市。

島しょ地域では空き家を活用したお試し移住が実施されています。

滞在日数は4~10泊、料金は滞在日数に関わらず
4,000円/1組+2,000円/1名となっています。

2017年には参加者の中から2組が移住につながりました。

今帰仁村

今帰仁村への移住に関する情報

那覇空港から車で約1時間30分、沖縄県本島北部に位置する今帰仁村。

65歳以上の割合が約32%と高齢化の進む今帰仁村では、こども医療費助成や出産祝い金の支給など子育てに関する支援制度が用意されています。

国頭村

国頭村への移住に関する情報

沖縄県本島北部に位置する国頭村。

村内での生活が体験できるよう3つの移住体験住宅が用意されています。

1人1泊2,000~3,000円と非常にリーズナブルで、最長13泊まで宿泊が可能

地域の人と交流しながら滞在することができます。

東村

東村への移住に関する情報

国頭村から車で約30分南に位置する東村。

東村でのお試し移住は、1泊1,500円で最長13泊まで宿泊が可能。

住まいに関する支援が充実しており、29,000~45,000円といった安値で
物件を借りることができます。

他にも給食費助成や育英資金など、子育て世代に嬉しい支援制度が豊富です。

沖縄離島の移住支援

宮古島市

宮古島市への移住に関する情報

移住希望者に人気の高い宮古島。

そのため移住支援はほとんどありませんが、保育士不足を解消するために
宮古島市保育士就労渡航費用等補助金交付事業が行われています。

宮古島へ移住する保育士の方へは2年以上勤務することを条件に、
最大30万円の補助金が交付されます。

石垣市

石垣市への移住に関する情報

八重山諸島の中心地、石垣島。

宮古島市と同様、保育士資格を保有している方であれば最大50万円の補助
受けることができます。

また空き家バンク制度を利用すれば、3年間活用することを条件に最大50万円の補修費用
負担してもらうことができます。

その他離島

市町村ホームページ住まいの支援子育ての支援仕事の支援その他の支援
与那国町与那国町への移住に関する情報定住住宅こども医療費助成
給食費無料
久米島町久米島町への移住に関する情報空き家・空き地情報の提供こども医療費助成
出産奨励金
出産助成金
移住希望者と島の人の”やりたい”を繋ぐ「久米島共創局」結婚披露宴助成金
多良間村多良間村への移住に関する情報多良間村定住促進住宅こども医療費助成
出産祝い金の支給
給食費無料
伊是名村伊是名村への移住に関する情報古民家を改修した、Uターン、Iターン者向けの定住住宅の整備こども医療費助成
小学生、中学生を対象とした教育費の助成(検定受験料の半額補助、無料村営塾の提供)
結婚祝い金、出産祝い金
児童生徒島外諸教育活動支援事業
妊婦健診にかかる渡航費・滞在費を助成
渡名喜村渡名喜村への移住に関する情報多用途住宅こども医療費助成
出産祝い金の支給
入学祝い金
給食費無料
粟国村粟国村への移住に関する情報空き家バンク、単身者用の定住者支援住宅入院医療費等を全額助成します
出産祝い金の支給 妊婦健康診査旅費等助成金 交通費(定期船賃)や宿泊費を助成
結婚祝い金 
給食費無料
新築祝い金

沖縄リゾートバイトでの移住もおすすめ

「沖縄に長期滞在したいけどお金がない」

「長期の旅行は費用かさむので不安」

そんなあなたにおすすめなのが、リゾートバイト

寮完備、食事付きの募集が多いので、滞在中の費用はほとんどかかりません。

働きながら滞在するので貯金を崩す必要もなく、沖縄で働きながら
沖縄への移住費用を貯めることが可能です。

長期滞在することで、沖縄の文化や習慣を深く知ることができ、
具体的な生活をイメージすることができるのです。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたか?

沖縄県の移住支援についてご紹介いたしました。

移住支援のほかにも農具などの購入援助金、空き店舗利用の補助金などさまざまな助成が
各市町村で用意されています。

移住の際には行政の支援を賢く利用し、お金の面でも充実させてくださいね。

ABOUT ME
kana
こんにちは。kanaです。子どもの頃に見た「ビーチボーイズ」が忘れらず、沖縄に移住して6年目になります。最近の趣味は自宅から徒歩1分の海へボードを持ち出し、SUPを楽しむこと!人間・猫・犬・うさぎの大家族で、移住生活を楽しんでいます。
「裏・ワタリドリブログ」をプレゼント!

この記事を最後まで読んでくれたあなたに秘密のプレゼントです。

世界最速で会社員を卒業して、ワタリドリになるための動画セミナー教材(100本以上、10時間以上)を、”期間限定”で無料プレゼントしています。

  • 世界最速でワタリドリになるための3つのステップ
  • 0から10万円を生み出す、2つのインターネット錬金術
  • 理想のライフスタイルを手に入れるための2つのポイント
  • 会社員卒業のために実は不要な5つの既成概念と、本当に必要な3つのこと
  • 2千万円以上騙されて学んだ、詐欺商材を買わないたった1つの秘訣

 

※教材の一部タイトルです

僕たちの仲間は、この「裏・ワタリドリブログ」を活用して、すでにライフスタイルに変化が現れています。

あなたも今すぐプレゼントを受け取って、一緒にワタリドリのようなライフスタイルを目指しませんか?