マーケティング

ネットビジネスとは何か?危ない怪しいと噂だけど稼げないのは本当?

この記事では、ネットビジネスとは何か?という基本の知識をお伝えするとともに、ネットビジネスが怪しくて危ないと噂される理由について解説します。
 

  • 副業としてネットビジネスに興味があるけど、危ないと噂があるから実際に行動できない。。。
  • ネットビジネスって本当に稼げるの?怪しくない?

と思っているのは、恐らくあなただけではないでしょう。
僕も最初は「怪しい…」と思っていましたからね。
でも、ちゃんと知識を得るにつれて、ネットビジネスは本当に素晴らしいものだと確信して、今ではネットビジネスを中心に、そこから派生したリアルビジネスと並行して行っています。
ではなぜネットビジネスは危なくて怪しいと思われているのでしょうか。
 

ネットビジネスとは何か?


まずネットビジネスの定義を確認しておきましょう。

例えば、不用品販売として有名なメルカリ。
あなたもメルカリは一度は使ったことがあるのではないでしょうか??
メルカリも”継続的に利益を得る”という目的で使うのであれば、立派なネットビジネスになります。
今までなら、店舗を借りてリサイクルショップを開いて不用品の売買をする必要があったのが、スマホやパソコン一つで不用品の売買ができるようになりましたよね。
 

ネットビジネスの特徴とは?

ネットビジネスの特徴は2つあります。

  1. 誰でも参入可能なこと
  2. どこでも仕事ができること

まずは”誰でもできる”というのが特徴
先ほどのメルカリの例を見ても、スマホ一台あればネットビジネスができてしまいますよね。
サラリーマンだって、フリーターだって、学生だって出来てしまいます。
また、”どこでも仕事ができる”ということも特徴ですね
今日は東京でスマホ片手に、明日は大阪で、その次の日は北海道で。
なんてことも出来ます。
ネットビジネスなら、移動時間だって仕事時間にできます。
これらを考えるとネットビジネスは、”隙間時間を使って誰でもどこでも仕事ができる合理的な仕事”と言っても過言ではないと、個人的には思っています。
 

ネットビジネスの例は?

先ほど挙げたメルカリでの売買の他に、ネットビジネスとしてはどのようなものがあるのでしょうか。
例を挙げてみましょう。

  • Amazon、ヤフオク、eBayなどを使った不用品売買。いわゆる”せどり”。
  • ブログアフィリエイト
  • SNSアフィリエイト
  • 会社のホームページ作成代行
  • ブログの記事を作成する代行
  • データ解析代行
  • etc

もう、無限にあると言っても過言ではないです。
 
僕はネットビジネスとして初めて行ったのが、せどりでした。
確かにせどりで稼げましたが、面倒だったのでブログアフィリエイトに切替え。
僕にとっては、せどりよりブログアフィリエイトの方が向いていたので、今ではせどりをやっていません。
>>ネットビジネスとしてせどりとアフィリエイトどっちがいいの?
 

ネットビジネスとは危険で怪しいと噂があるけど本当?


巷では、「ネットビジネスは危ないし怪しい」という噂があるようですね。


では具体的に「ネットビジネスが危なくて怪しい理由」って考えたことありますか?
僕が思うに、ネットビジネスが危なくて怪しいと噂される理由ってこんな感じかなと。

  1. 収益を得る仕組みがわからない
  2. 誰が売っているのかわからない
  3. 実際に詐欺商品もある
  4. 実際にネットビジネスで稼いだことがない

それぞれ、詳しく解説しますね。
 

ネットビジネスが危ない怪しいと噂される理由1:収益を得る仕組みがわからない

ネットビジネスが危ないし怪しいと噂される理由の1つ目。
それは、”収益を得る仕組みがわからない”ということではないでしょうか。
メルカリの不用品売買であれば、なんとなく収益の発生のさせ方はわかる。
でも、アフィリエイトとか言われると、もうお手上げ。
DRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)なんかの言葉が出てくると、もう逃げたい。。
もしかしたら、そんな感じかもしれませんね。
 
もし”収益を得る仕組みがわからない”という理由でネットビジネスが危ないし怪しいと思っているのであれば、お伝えすることはただ一つ。
”ネットビジネスについてちゃんと調べてね”ってこと。
何も知識をつけずにネットビジネスが怪しいと思っているのは、”ハサミって何かわからないけど指切るかもしれないから危険なものだ!”と言ってるのと同じです。
ネットビジネスに関して知識を得ることは、人生にとってプラスになったとしても、損になることはありません。
ちょっとずつでも知識をつけてみましょう。
 

ネットビジネスが危ない怪しいと噂される理由2:誰が売っているのかわからない

個人的にはこれが一番”ネットビジネスって怪しい”と思う理由じゃないでしょうか。
ネットビジネスはインターネットを使ってビジネスをすることですから、当然”販売者がどんな人かわからない”です。
「どこの誰が売っているものかわからないし信用できないから怪しい」
というのは、正直僕にもあります。
 
だからこそ僕はネット上の商品を購入する際に「売っている人がどんな人なのか」ということを調べるようにしています。
ブログにプロフィールがあるならプロフィールを読むようにするし、SNSをやっているのであればSNSを見るようにしています。
メルカリやヤフオクで購入するときに、出品者のレビューを気にするのと一緒ですね。
 
だからこそ僕は、このブログで赤裸々にプロフィールを書いていますし、SNSのリンクも載せています。
それで僕を信頼してくれる人がいればいいし、信頼できないなら離れてくれてもいい。
そんな感じで運営しています。
 

ネットビジネスが危ない怪しいと噂される理由3:実際に詐欺商品もある

残念なことに、ネットビジネスをやっている人が販売している商品の中には詐欺商品があることも確か。
「顔や住所がわからないから売ってしまえばこっちのもの」と思っている人が少数ながらいることも確かです。
残念ですが。。
だからこそ、是非とも「売っている商品」ではなく「売っている人が誰か」ということを意識してみるようにしてみてくださいね。
 

ネットビジネスが危ない怪しいと噂される理由4:実際にネットビジネスで稼いだことがない

4つ目の理由は、実際にネットビジネスで稼いだことがないから時間の無駄だと考えている、ということ。
稼いだことがない → 時間の無駄 → 搾取されている
という考え方の人がいるみたい。
厳しいことを言うようですが、正直言ってネットビジネスで稼いだことがない人は、稼ぐために適切な努力をしていない、というだけです。


英単語帳を1冊買ってきて、「英語が話せるようにならない!この単語帳は詐欺だ!」と言っているようなもんです。
英語が話せるようになるには、それ相応の努力が必要。
しかも英単語帳を学ぶのではなく、ちゃんと”話すための英語を学ぶ”という”適切な努力”をする必要があるんです。
 

ネットビジネスは稼げない?リアルビジネスにつなげることも可能!


で、ネットビジネスは実はリアルビジネスとも融合させることができます。
僕はサラリーマンとして医療統計の専門家をしていました。
当時はダメダメの統計専門家で、だからこそ日々の学びをアウトプットしようと思ってブログに書き綴っていたのです。
>>吉田の統計ブログ「いちばんやさしい、医療統計」をみてみる
 
すると、このブログにいつの間にかアクセスが集まり、ついには本の出版と会社設立まで漕ぎ着けたのです。
しかも、Amazonでベストセラーになるほど。

Amazonでベストセラーになるのも、実は当然なのです。
というのも、「すでに購入者がいる状態で本を販売する」という状況だったから。
ブログ読者がいれば、その読者の一定数が本を買ってくれるのは当然ですよね。
 
だから、ネットビジネスはリアルビジネスにつながる可能性も高いし、確実に稼げます。
稼げないと言っている人がいれば、それは「稼げるようになるまで適切な努力をしていない」だけかなと、個人的には思っています。
 

ネットビジネスとは何か?まとめ


ネットビジネスが怪しいと噂される理由をまとめました。
もしあなたがネットビジネスに興味があって、「ちょっと始めてみたいかも」と思っているのであれば、ぜひやってみましょう!
確実に人生にとってプラスになりますよ。
この記事を動画でも解説していますので、ぜひご覧ください。

 

>>ネットビジネスとしてせどりとアフィリエイトはどっちがいいの?

「裏・ワタリドリブログ」をプレゼント!

この記事を最後まで読んでくれたあなたに秘密のプレゼントです。

世界最速で会社員を卒業して、ワタリドリになるための動画セミナー教材(100本以上、10時間以上)を、”期間限定”で無料プレゼントしています。

  • 世界最速でワタリドリになるための3つのステップ
  • 0から10万円を生み出す、2つのインターネット錬金術
  • 理想のライフスタイルを手に入れるための2つのポイント
  • 会社員卒業のために実は不要な5つの既成概念と、本当に必要な3つのこと
  • 2千万円以上騙されて学んだ、詐欺商材を買わないたった1つの秘訣

 

※教材の一部タイトルです

僕たちの仲間は、この「裏・ワタリドリブログ」を活用して、すでにライフスタイルに変化が現れています。

あなたも今すぐプレゼントを受け取って、一緒にワタリドリのようなライフスタイルを目指しませんか?