中古カメラ転売で売れない4つの原因と飛ぶように売れる7つのコツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 中古カメラ転売を始めたけど、全然売れない・・・
  • 売上をもっと伸ばしたい・・・
  • 売上が安定しない・・・

僕が運営するカメラ転売のチームでは、毎月300〜500万を売り上げている。

なぜコンスタントに売上を上げることができるのか?

今日は、中古カメラ転売で売れない4つの原因と、飛ぶように売れる7つのコツを紹介!

徹底解剖!中古カメラ転売で売れない4つの原因

 

中古カメラ転売で売れない原因1:価格が高い

 

まずは、価格が高くないか、をチェックしてみよう。

価格以外でどこかにちょっとしたミスがあっても、価格が安ければ売れる。

売れない場合には、価格が他の出品者よりも高くないか?

をチェックするのが最優先。

 

中古カメラ転売で売れない原因2:商品に人気がない

 

価格が安いのに売れない場合、人気のない商品(=回転の悪い商品)を仕入れてしまったかも。

つまり、購入者に全くニーズのない商品。

仕入れの時点でミスしてるってこと。

この場合、いくら安くてもなかなか売れない。

ニーズのある購入者が出てくるまでは売れないので、気長に待つ他ない。

 

中古カメラ転売で売れない原因3:アカウントの魅力がない

 

カメラ転売を行なっている人は、eBayかヤフオクかメルカリを使っている人がほとんど。

どのサイトでも共通しているのが、「実物を見て購入できない」ということ。

すると購入者は、「あなたが本当に信用できる人なのか」を判断して購入しなければならない。

つまり、あなたのアカウントからわざわざ購入するだけの、魅力的なアカウントになっているか、が重要

この購入者目線でのアカウント作りをしていないと、売り上げが伸びない原因になり得る。

 

中古カメラ転売で売れない原因4:出品ページがイケてない

 

実物を見て購入できないということは、購入者が知りたい情報をあなたが提供しなければならない。

商品の写真は、あなたが仕入れるときにチェックする部分を、細かく撮影してアップロードしていますか?

eBayでは最大12枚、ヤフオクでは最大10枚の写真をアップロードできるようになった。

これだけの枚数があれば、購入者が確認したい写真を載せることが可能。

 

また、商品説明の記載も重要。

例えばレンズであれば、クモリ、カビ、キズの有無を最低限記載する必要がある。

フィルムカメラであれば、モルトの状態、露出計の動作、二重像の具合は、購入者が知りたい情報でしょう。

これらの情報を一切記載せずに、一言「美品です」とだけ書いていませんか?

あなたが商品を仕入れる際に気をつけている部分、これを詳細に記載しなければ売れない。

 

永久保存版!!中古カメラ転売で飛ぶように売れる7つのコツ

 

中古カメラ転売のコツ1:どれだけの人に見られているかを確認

 

まずは原因がどこにあるかを特定しよう。

そもそも、購入者にページを見てもらっているのか?をチェック!

 

eBayの場合、ウォッチ数(Watches)とビュー数(Views)

 

ヤフオクの場合、ウォッチリスト数とアクセス総数

 

ビュー数(アクセス総数)は、実際にその商品を閲覧した人の数。

ウォッチ(ウォッチリスト)は、その商品を購入したいと思っているが、購入に踏み切れていない人の数。

 

つまり

 

ビュー数(アクセス総数)が少なければ、それは人気のない商品。

ビュー数(アクセス総数)が多いのにウォッチ数(ウォッチリスト)が少なければ、商品は人気だけど価格や商品説明に不備がある。

 

これらを踏まえて、次に何をするべきか考えよう。

ちなみに、理想の割合は

ビュー数(アクセス総数):ウォッチ数(ウォッチリスト)=10:1

 

中古カメラ転売のコツ2:関税を安くする

 

 

eBayで販売している人は、送料無料にしている人が多いかも。

なぜなら、送料無料にすると、eBayからちょっとした優遇を受けれるから。

 

しかし、ここに大きな落とし穴!!

 

eBayは、アメリカのサイト。

購入者は、世界中のカメラファン。

日本からカメラを輸出することになるので、関税がかかる。

 

ちなみに、この関税を払うのは購入者。

購入した商品が高価であればあるほど、関税は高くなる。

 

つまり、購入者は、関税の面からも商品を安く購入したい。

例えば

× $100(送料込)ではなく

◎ $80(送料$20)の方が好まれる。

実際に、送料別にして商品代金を下げたら翌日には売れている、ということが多々ある。

 

中古カメラ転売のコツ3:評価を貯める

 

ネット上でカメラを販売するということは「信頼」を勝ち取る必要がある。

その信頼の一つの基準が「評価」

 

 

大切なのは、「評価総数」と「割合」

評価総数を100以上、良い評価の割合を99%以上にキープしよう。

 

 

評価総数が100に満たなければ、実際に商品を購入して、良い評価を貯める。

※買っても、売っても、同じように評価を貯めることが可能

 

eBayでは、カメラのキャップなど$1で販売しているものが山ほどある。

それらを購入することで評価を100以上貯めよう。

 

合計で$100の出費になるが、それだけの価値はある。

後の利益に対する先行投資と思って、評価を貯めよう。

 

ヤフオクでは、Amazonのクーポンなどを購入すれば、あとで使うこともできる。

そう考えると、それほど痛い出費にはならない。

あるいは、不用品を1円からのオークション出品することも有効。

実際に僕のチームのヤフオクアカウントは、不要になった本を1円出品することで評価を貯めた。

 

中古カメラ転売のコツ4:商品ページを見直す

 

商品タイトル

 

まずは、商品のタイトルチェック。

購入者は、タイトルを見て、その商品の詳細を確認するか判断する。

つまり、タイトルは最重要。

クリックしたくなるだけの情報を記載しておこう。

 

例えば、以下の2つのタイトル。

  1. Sigma 17-70mm F2.8-4.5
  2. [Near Mint] Sigma 17-70mm F2.8-4.5 DC Macro for Pentax K Mount from Japan!

 

気になるのは、圧倒的に2つ目。

タイトルで表示するべきは

  • 商品の状態
  • どんな商品かを詳細に
  • 日本から発送する

以上3つが、わかるようにしておく必要がある。

 

ちなみに、タイトルに「Japan」を入れておくのがオススメ

なぜなら、日本は唯一と言って良いほど、中古カメラ市場が豊富にあるので。

 

商品詳細

 

次に、商品の詳細。

商品詳細は、購入者が知りたい情報を記載しよう。

例えばレンズであれば、クモリ、カビ、キズの有無など。

フィルムカメラであれば、モルトの状態、露出計の動作、二重像の具合など。

 

「購入者が知りたい情報」ってのは、あなたが仕入れる時にチェックしている情報。

仕入れる時は、あなたも購入者だからね。

あなたが仕入れの際に確認している項目を、商品詳細に記載すればOK。

 

商品写真

 

最後に、商品の写真。

商品の写真は、売れ行きを左右する重要なファクター。

そのため、綺麗な写真を最大枚数アップすることを心がけよう。

eBayでは最大12枚、ヤフオクでは最大10枚の写真をアップロードできるようになった。

ここでも、あなたが仕入れの際に確認している部分を、写真にしてアップするのが重要

 

中古カメラ転売のコツ5:返品をOKにする

 

ヤフオクで多く見受けられるのが「返品不可」にしている出品者。

実はこの「返品不可」

百害あって一利なし。

 

ただでさえ、実物を確認せずに購入するのだから、購入者はとても不安。

そこに返品不可となれば、購入するハードルはぐっと上がってしまう。

 

そのため、返品を可にしておこう。

返品できることで、購入するハードルを下げる。

 

「返品を可にすると、返品だらけで利益が出ないのでは・・・?」

 

と思ったかもしれないが、出品ページ通りの商品を販売していれば、不要なクレームはほとんどない。

実際に僕たちは、月間で数百個のカメラやレンズを販売しているが、返品は1つか2つ程度

購入者にとってみれば、返品するのは実は面倒。

出品ページとかけ離れた商品でない限り、ほとんど返品はないのが実情。

 

実際に返品に至ったとしても、返品理由を知ることで、次の対策が打てる。

また、返品の対応がよければ、違う商品を買ってくれるかも。

返品不可にしていたら掴み得ないチャンスが、そこには広がっている。

 

もちろんeBayでも同じ。

実際には、30日ReturnをOKにしている。

同じように、eBayでも返品はほとんどない。

 

中古カメラ転売のコツ6:出品数を増やす

 

「売れないのにまた購入するのかよ・・・」

と思ったかもしれないけど、実は出品数は重要。

 

例えば、5個しか商品のないカメラ屋さんと、100個の商品が置いてあるカメラ屋さん。

どっちのカメラ屋さんで購入したいですか?

やっぱり、商品数が多いカメラ屋さんの方から購入したい。

商品数が多い方が、流行ってそうだしね。

 

それは、ネットでも同じ。

そのため、出品数はある程度確保することが重要。

経験上、随時30個の出品数があればコンスタントに売れる。

資金が少ないなら、「利益を出すための商品」「出品数を稼ぐための商品」

2種類に分けて仕入れてもいい。

例えば、300〜500円程度で売っているストロボやレンズを、出品しておくだけでも効果はある。

 

中古カメラ転売のコツ7:商品を併売する

 

これは、最も手間のかかる方法だけど、最も効果がある。

具体的には、eBayとヤフオクで併売する。

あるいは、eBay UKやAUSで併売するのも効果がある。

出口が2つ以上になるので、売れるチャンスが2倍以上に広がる。

 

ただ、出品の手間が2倍になる。

あるいは、売れた後も、もう一方の商品を取り下げる必要がある。

万が一、出品取り下げを忘れて、空売りしてしまったら大変。

そのため、商品の管理をちゃんとできないと、クレームの嵐。

万人にオススメはできないが、併売は、売上を伸ばすには必須テクニック。

 

中古カメラ転売のコツまとめ

 

  1. ウォッチとビューの数を確認!
  2. 関税を安くする!
  3. 評価を貯める!
  4. 商品ページを見直す!
  5. 返品OK!
  6. 出品数を増やす!
  7. 併売!

 

売上を伸ばすためには、必須の項目ばかり!

すぐに実践しよう!

カメラ転売を通してビジネスを学び、自由気ままに生きるワタリドリライフを手に入れましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1年で300万損したダメ夫が
家族で世界一周

あなたにはこんな悩みがありませんか?

  • 海外旅行に行ってみたい…!
  • ビジネスクラスに乗ってみたい…!
  • 世界一周旅行をしてみたい…!
  • 両親を旅行に連れていきたい…!
  • 新婚旅行は1週間以上行きたい…!

 

 

すべての悩みが解決できるとしたら、あなたはいくら支払いますか?

 

もし、すべての悩みが解決するなら…

いつでも海外旅行に行けて、世界中の絶景を見放題です。

世界中の絶品料理を食べることも、その幸せを家族とシェアすることもできるのです。

この先ずーっと、そんな生活ができるとしたら…

100万円支払いますか? いやいや、200万円?

もしかしたら「1千万円払ってでも叶えたい!」という人もいるかもしれません。

 

 

『完全無料』でお悩み解決!!

 

実は、僕もサラリーマン時代に同じことで悩んでいました…

悩みを解決するために副業にチャレンジしましたが、たった1年間300万の貯金すべてを失ってしまう結末に…

しかし、あることをきっかけに僕の悩みはすべて解決したのです。

  • 初月で20万を稼ぎ
  • 4ヶ月で脱サラ
  • 幸せな結婚式と新婚旅行
  • 仕事はMac1台でいつでもどこでも
  • 好きな仲間とだけ過ごし​
  • 毎年家族で旅行三昧

こんな理想の人生を手に入れることができました。

僕たちの記事を読んでくれたあなたには、ワンランク上の家族旅行をするための秘密のノウハウをすべて『完全無料』で公開するので、ぜひ受け取ってください。

あなたも悩みを解決して、一緒に理想の人生を送りませんか?


今すぐ詳細をチェック!

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*