カメラ転売

副業で月商500万!本当は教えたくないカメラ転売仕入れ3つのコツ

  • カメラ転売を始めたけど、仕入れがうまくできない・・・
  • 何から見ていいのかわからない・・・
  • 手当たり次第リサーチしている・・・

今日は、カメラ転売の仕入れに関するお話。

もしかして、仕入れのときに、ひたすら端から端まで検索してませんか?

そんな非効率なリサーチとはもうお別れ!

この記事を読めば、リサーチ時間が大幅減!!

もちろん、今までの何十倍も仕入れができるようになってしまいます!

2時間でレンズ1個しか仕入れできなかったメンバーが、副業月商を500万まで伸ばした仕入れのコツを大公開!

カメラ転売仕入れは、ターゲットを絞ることが大事!

 

本当は教えたくないカメラ転売仕入れ3つのコツ

 

中古カメラ転売では、端から端までリサーチするのは非常に非効率。

ターゲットを絞ってリサーチしましょう。

 

しかし、ターゲットといっても、具体的にイメージできないかも。

そこで、今日は、何を意識してターゲットを絞るのか、3つのコツを伝授!

 

3つのコツは以下の通り。

  1. 初心者は、デジタルカメラを狙え!
  2. レンズと周辺機器を狙え!
  3. 商品の状態は並以下を狙え!

 

それでは具体的に解説していきますね!

 

カメラ転売初心者は、デジタルカメラを狙え!

 

デジタルカメラの種類

 

デジタルカメラとは、いわゆる「デジカメ」。

一言に「デジカメ」といっても種類は豊富。

 

大きく分けると以下の2種類。

  1. レンズの付け替えができる一眼レフカメラやミラーレスカメラ
  2. レンズの付け替えができないコンパクトデジタルカメラ

 

 

デジカメの特徴は、SDカードなどに、写真をデジタルデータとして保存できる。

現在、一般の人が使うカメラは、ほとんどがデジカメ。

 

昔ながらのフィルムカメラ

 

そして、フィルムカメラ。

これはその名の通り、写真がフィルムに映るカメラ。

SDカードは使用できない。

 

フィルムカメラは、デジカメが普及する前までに、一般の人も使っていたカメラ。

デジタル一眼レフカメラと同様に、フィルムカメラも、レンズの付け替えが可能。

しかし、未だにこのフィルムカメラを使っている人は珍しい。

ただ、中古として、一般に流通している。

 

写真は、デジカメとフィルムカメラの比較。

正面から見ると、違いはまったくわからない。

 

 

でも、後ろを見ると、一目瞭然。

フィルムを入れる部分がある。

これが、デジタルカメラとは明らかに違う点。

 

ところでこのフィルムカメラ。

誰が使っているの?って思うかもしれないが、本当にカメラ好きの愛好家やプロの写真家は今も使っている。

 

デジタルではどうしても表現できないフィルムの「味」があるらしい。

←僕には全くわかりませんw

 

デジタルカメラ VS フィルムカメラ

 

さて、ここでは、商品として扱う場合。

デジタルカメラとフィルムカメラそれぞれの特徴をまとめた。

デジタルカメラフィルムカメラ
メリット
  • ユーザーが多い
  • 商品の回転が早い
  •  中古カメラの流通数が多い
  • 仕入れしやすい
  • 国内と海外の相場の価格差が大きい
  • 利益率が高い
デメリット
  • 低単価商品は利益率が低い
  • 中古カメラの流通数が少ない
  • 仕入れがしにくい
  • 検品技術が必要

どちらにもメリットはあるので、一概にどちらがいいとは言えない。

理想は、デジカメも、フィルムカメラも扱うこと。

そうすれば、デジカメで回転率をあげつつ、フィルムカメラで利益率を取れる。

 

しかし、最初のうちは、デジカメのみ扱うのがいいだろう。

 

回転率がいいことで、たくさん売ることが可能。

買って売るという経験を、よりたくさん得ることができる。

 

すると、経験値だけでなく、セラー評価もたくさん得ることが可能。

(アカウントの重要性については『中古カメラ転売で売れない4つの原因と飛ぶように売れる7つのコツ』で解説)

だから、最初のうちは、ひたすらデジカメを売っていくことをオススメしている。

 

カメラ転売仕入れは、レンズと周辺機器を狙え!

 

2つ目のコツは、商品ジャンルを絞ること。

一言でカメラといっても、商品ジャンルは大きく分けて3つ。

  • ボディ(カメラ本体)
  • レンズ
  • 周辺機器(ストロボ、バッテリーグリップ、フィルターなど)

 

初心者にオススメするのは、レンズと周辺機器。

カメラ本体は、回転率があまり良くない。

なぜなら、カメラ本体って、あんまり買い換えないんですよね。

 

写真を楽しむなら、本体を買い換えずに、レンズを複数購入することが多い。

だから、カメラ本体より、レンズの方がよく売れる。

 

あるいは、周辺機器。

これは単純に、仕入れ値が安い。

なぜかというと、店内のショーケース内はほとんどがカメラ本体とレンズ。

だから周辺機器は、隅に追いやられて、セール品として転がっていることが多い。

 

そのため、国内で安く仕入れることができて、海外で高利益で販売可能。

ただし、回転率はあまり良くないので、自分の資金や在庫状況を考慮して仕入れよう。

 

ちなみに、写真(下)は、周辺機器の一例「バッテリーグリップ」。

この中に、予備バッテリーを入れる事が可能。

長時間撮影のときに、バッテリー切れの心配がいらない。

カメラ好きには必要なアイテムだが、日本では安く仕入れることが可能なので、取り扱ってみるとおもしろい。

 

「フィルムカメラよりデジカメを扱ったほうがいい」という話の中でもしたように、初心者は、回転率を重視して仕入れた方がいい。

だからまずは、レンズから攻めてみて、慣れてきたら周辺機器を扱うのがオススメ。

 

商品の状態は、並品以下を狙え!

 

3つ目のコツは、商品の状態を絞ること。

カメラ転売では、主に中古商品を狙う。

 

当然中古商品なので、同じレンズでも、状態によって値段が全然違う。

例えば、新品同様だったら高いし、壊れているものだったらものすごーく安い。

 

その中で、狙うべき状態は「並品より状態が悪いもの」。

この、並以下の商品だけをチェックするだけでいい。

 

中古カメラの業界だと、だいたい以下のようなランク付けになっている。

 

例えば、カメラのキタムラだったら、Bランクが並品。

その他のカメラ屋さんでも、独自にランク付けをしている場合もあるが、基本的には同じ。

並品より状態の悪いものをリサーチしていく。

 

例えば、下図はキタムラネットで検索したレンズ。

丸をつけた箇所が商品の状態。

 

この商品群全てをリサーチしない。

BかCのみを狙ってリサーチする。

 

ランク付けだけ見ると、商品の状態が心配になるが、全然大丈夫。

並品といっても、日本人が評価した並品。

日本人は敏感なので、ちょっとした傷や汚れがあるだけで、並品として評価される。

しかも並品は、外観の問題だけ。動作には全く支障がない。

汚れを取るだけで美品として販売できたりする場合も多い。

だから、並品以下の商品は、利益が出やすい。

 

カメラ転売仕入れのコツまとめ

 

カメラ転売仕入れで重要なのは、ターゲットを絞ること。

  1. フィルムカメラよりデジカメを狙う
  2. カメラ本体より、レンズ・周辺機器を狙う
  3. 商品の状態は、並品以下を狙う

 

特に初心者にオススメなのが、デジカメ関係のレンズや周辺機器。

そして、商品の状態は常に並品以下を狙うこと。

 

この3つのコツを押さえるだけで、ガンガン仕入れができるように!

どこでも稼げるようになって、ワタリドリライフに近づきましょう!

ABOUT ME
畑中 紫臣
[名前]畑中紫臣(しおみ) [特徴]冬になると常夏の国へ逃亡する。超寒がり。マイペースで几帳面。2児のパパ。 [好きなもの]家族/旅/サッカー [経歴]北大院卒 →会社員 →独立 →家族で世界一周 現在の仕事は、マーケティングコンサルタント/セミナー講師/ゲストハウス運営/メディア運営 など
「裏・ワタリドリブログ」をプレゼント!

この記事を最後まで読んでくれたあなたに秘密のプレゼントです。

世界最速で会社員を卒業して、ワタリドリになるための動画セミナー教材(100本以上、10時間以上)を、”期間限定”で無料プレゼントしています。

  • 世界最速でワタリドリになるための3つのステップ
  • 0から10万円を生み出す、2つのインターネット錬金術
  • 理想のライフスタイルを手に入れるための2つのポイント
  • 会社員卒業のために実は不要な5つの既成概念と、本当に必要な3つのこと
  • 2千万円以上騙されて学んだ、詐欺商材を買わないたった1つの秘訣

 

※教材の一部タイトルです

僕たちの仲間は、この「裏・ワタリドリブログ」を活用して、すでにライフスタイルに変化が現れています。

あなたも今すぐプレゼントを受け取って、一緒にワタリドリのようなライフスタイルを目指しませんか?