3. 起業・副業

そうだったのか!副業が禁止される5つの理由と知られざる3つの真実

  • 副業はなぜ禁止される?
  • 副業を禁止する弊害
  • 禁止されたらどうしたらいい

いまだに副業禁止の会社は多い。

しかし一方で、副業禁止されると生活に困るという場合も少なくない。

そこで今日は、知られざる副業禁止5つの理由と、副業禁止された時にどうしたらいいのか、僕個人の見解をまとめてみた。

副業の定義

 

そもそも副業ってなに?ってところを最初に少しだけ。

副業の定義って結構難しくて、会社の副業禁止問題も、ここまでならOKっていう明確な線引はないケースが多い。

実際に、副業と一言で言っても、日雇いバイトから株やFX、内職など内容は様々。

収入を得る形態も様々で、給与として得るケースもあれば、事業所得、雑所得になるケースもある。

これから紹介する5つの理由を知れば、どれがダメなのか、なぜダメなのか、少しは理解できるかと思います。

 

副業が禁止される5つの理由

 

僕の会社員時代も、見事に副業は禁止されていた。

公務員の友達にいたっては、副業は絶対にNG。

バレたら即クビ。

「クビがコワくて副業はできない」そう言ってました。

 

そもそも副業が禁止される理由はなんだろうか?

会社によって理由は異なるみたいなんだけど、共通する5つの理由をまとめてみた。

 

副業が禁止される理由① 本業への影響

 

1つ目は、本業への影響。

たとえば、夜中にローソンでアルバイトをやっていたせいで、疲れて本業に支障が出る。とか。

あるいは、本業で得た情報や資源を流用しちゃうパターン。

これは完全に本業に悪影響ですね。

こういったことを恐れて、副業禁止にしている企業は多いです。

 

副業が禁止される理由② 競合になる

 

2つ目は、競合になっちゃう。

たとえば、東芝で働きながら、週末は韓国LGで副業とか。

(実際に似たようなことがあったらしい)

その結果、技術をごっそり盗まれてしまった。

 

副業だけでなく、僕が会社員を辞めるときは、競合の会社に行かないかしつこく聞かれた。

会社としては、ライバル会社に情報が漏れたり、競合になることを一番恐れている

 

副業が禁止される理由③ ブランドの低下

 

3つ目は、ブランドの低下。

これは、会社のイメージを落とす可能性がある副業がコワイってことね。

会社の受付嬢が、実は風俗嬢。みたいな。

風俗嬢が悪いわけではないんだけど、世間一般のイメージはいいとは言えない。(←擁護するのもなんか変な気分)

そういうことで、会社のブランドが低下するのを恐れている会社もある。

 

副業が禁止される理由④ 終身雇用の名残

 

4つ目は、終身雇用の名残。

完全に名残。

なごり雪。

昔のように終身雇用が成立してたら、副業禁止ってのもありなのかもしれない。

おまえらのことは会社が責任取るぜ!って会社の意思が伝わってくるし。

そんな会社に勤めていたら、路頭に迷うことはないんじゃないかな?多分。

 

あと、特にこの国は、昔から1つのことをやり遂げることを「よし」としている。

そんな中で、副業禁止って流れができている。

サッカー選手はサッカーだけやれ。

学生は勉強だけやれ。みたいな。

つまるところ、副業禁止は、古い慣習っていう側面もある

 

副業が禁止される理由⑤ よくわかってない

 

5つ目の理由。これが一番タチが悪い。

よくわかってないけど副業禁止ってやつ。

知らない人が多いんだけど、実は、副業の全面禁止は法的には認められていない

そういうことも知らずに、就業規則に盛り込んで、副業禁止とか言ってる。

 

なんとなく禁止。

よくわかんないけど、とりあえず禁止じゃね?

こんなノリ。(そんな会社が実在するんだからコワイ)

 

全然それでもいいんだけど、あなたはそんなのにいちいち振り回されない方がいい

場合によっては、今すぐ違う会社に転職した方がいいかも。

 

副業が禁止される理由総括

 

副業が禁止される理由。

その多くは「恐れ」が原因。

労働者を囲い込むため、会社の名誉のため。

つまり、副業禁止=自分(会社)のことしか考えていない。

 

決して労働者のことを第一に考えているわけではない。

愛がない。

そう考えると、副業禁止かどうかは、ブラック企業の指標の1つとして考えて問題ないだろう。

 

副業は禁止しない方がいい?!知られざる3つの真実

 

ここでは、副業は禁止しない方がいい。という話を。

(ここまで読んだ時点で薄々気がついていると思うけど、僕は副業禁止は推奨していない

 

むしろ、副業は推進するべき。

どんどんやりなさい!副業最高!

これくらいのノリの会社の方がいい。(今はそういう会社は多い)

 

実際に、僕のビジネスパートナーは皆、複数の仕事をしている。

そうすることで、企業側にも大きなメリットがある。

その理由を3つ。知られざる真実としてお伝えしよう。

 

終身雇用の崩壊

 

1つ目は、終身雇用の崩壊。

もはや当たり前の事実として知っているかもだが、終身雇用制度はすでに崩壊している。

会社は、人を雇うけれども、定年まで面倒みるってことができない。

だって、会社自身もどうなるかわからないし。

今の時代の流れの速さを考えたら、どんな経営者でもそれくらい分かっている。

だから、最初から「自分の身は自分で守れ」というスタンスでいるべき。

 

会社が守ってやる!

・・・やっぱり無理でした〜!

それはあまりにも無責任。

労働者のことを第一に考えているなら、ほぼ間違いなく副業OKにしているはず。

 

専門外分野を学ぶことがスキルアップを促す

 

2つ目は、スキルアップ。

昔は、1つのことを極めることをよしとしていたが、今は違う。

野球部員が陸上競技をやったり、仕事をローテーションでまわしたり。

そうすることで、違う角度からの気づきを得ることができる。

つまり、自分の専門外の分野を学ぶことで、専門分野がより強化されるという考え方が主流になってきている。

案外1つのことしかやっていないと、視野が狭くなり、新しい発想が生まれにくくなる。

 

副業もその1つで、今までとまったく違う分野の仕事に携わることで、本業に活きるということも珍しくない。

だから、まったく違う分野の仕事を副業とすることは結構オススメ。

 

優秀な人材を確保したいなら副業禁止はNG

 

3つ目は、優秀な人材の確保。

 

よく聞かないですか?

「優秀な人ほど、会社を辞めていく」ってジンクス。

 

人事とか会社役員をやってると、必ず付きまとう問題。

僕が勤めていた会社でもそうだったんだけど、必ずと言っていいほど優秀な人は会社を辞める

ジンクスでもなんでもなくて、これは事実。

 

その理由は簡単で、枠にはめようとする会社だと、優秀な人は収まりきらない。

端的に言うと、副業禁止という縛りをしていることが原因。

そのせいで優秀な人は辞める。

自分の能力を試したいのに、もっとやりたいことがたくさんあるのに、それが叶わない。

だから、それが叶う環境を求めて去っていく。

つまり、優秀な人材を確保したいなら、余計な縛りはNG。

 

会社に副業禁止と言われて、どうしたらいいですか?

 

会社で副業を禁止されていて、それでも副収入が必要なんです!

その時はどうしたらいいですか?って。

 

たまに聞かれるんだけど

「あなたが必要だと思うなら、副業をやってください」

僕はこう答えています。

 

別に副業は犯罪やってるわけではないし、

(いや、犯罪になるような副業もどきもあるので、そこは注意してね)

 

バレたからといって殺されるわけでもない。

(クビにはなるかもしれないけど)

 

自分や家族を守るために、副収入が必要ということもあるでしょう。

そのときに、今の会社が、これ以上給料はアップできません・・・って言われたら自分で稼ぐしかないでしょう?

 

もしもね。

もし、副業をしないことで収入が低いまま。

家族を養うことができなかったとして。

副業を禁止していたその会社。責任とってくれますか??

あなたは、路頭に迷った家族を前に、「会社が副業を禁止していたせいだ!!」

そう答えますか?

副業を禁止した会社のせいにしたところで、あなたの収入は増えません。

 

要するに、自分のことは自分で守るしかないし、自分で責任を取るしかない。

誰かに頼って、誰かのせいにして、そんなんで幸せになれるはずがないんですよ。

テメーのケツはテメーで拭けと。言葉は悪いけど、そういうことですね。

 

だから、副収入が必要なら、副業禁止の会社にいたとしても副業したらいいんじゃないでしょうか?

クビになるのがマズイなら、副業OKの会社に転職したらいいんじゃないでしょうか?

と、僕は思うわけです。(あくまで個人の見解ですよー)

誰がなんと言おうと関係ない。

自分が必要だと思うことをやったらいいし、やりたいと思うことを貫くことが大事。

 

まとめ

 

会社が副業を禁止する理由

  1. 本業への悪影響
  2. 競合になっちゃう
  3. ブランドの低下
  4. 終身雇用の名残
  5. よくわかってない

 

副業をオススメする理由

  1. 終身雇用の崩壊
  2. スキルアップ
  3. 優秀な人材確保

 

「会社が副業禁止って言ったから副業できません」

これでは、一生、会社に振り回されて生きていくことになるでしょう。

 

それが悪いとは言わないが、僕は自分の人生は自分で選択する人生を選んだ。

こっちの人生は、もちろん困難も多いけどかなり楽しいぞ!!

ぜひ一緒にワタリドリのような自由なライフスタイルを目指しましょう!

ABOUT ME
畑中 紫臣
[名前]畑中紫臣(しおみ) [特徴]冬になると常夏の国へ逃亡する。超寒がり。マイペースで几帳面。2児のパパ。 [好きなもの]家族/旅/サッカー [経歴]北大院卒 →会社員 →独立 →家族で世界一周 現在の仕事は、マーケティングコンサルタント/セミナー講師/ゲストハウス運営/メディア運営 など
1年で300万損したダメ夫が
家族で世界一周

あなたにはこんな悩みがありませんか?

  • 海外旅行に行ってみたい…!
  • ビジネスクラスに乗ってみたい…!
  • 世界一周旅行をしてみたい…!
  • 両親を旅行に連れていきたい…!
  • 新婚旅行は1週間以上行きたい…!
  • 寒さが苦手なので、ずーっと夏がいい…!
  • 世界中の美味しいものを食べ尽くしたい…!

 

 

すべての悩みが解決できるとしたら、あなたはいくら支払いますか?

 

もし、すべての悩みが解決するなら…

いつでも海外旅行に行けて、世界中の絶景を見放題です。

世界中の絶品料理を食べることも、その幸せを家族とシェアすることもできるのです。

この先ずーっと、そんな生活ができるとしたら…

100万円支払いますか? いやいや、200万円?

もしかしたら「1千万円払ってでも叶えたい!」という人もいるかもしれません。

 

 

『完全無料』でお悩み解決!!

 

実は、僕もサラリーマン時代に同じことで悩んでいました…

悩みを解決するために副業にチャレンジしましたが、たった1年間300万の貯金すべてを失ってしまう結末に…

しかし、あることをきっかけに僕の悩みはすべて解決したのです。

  • 初月で20万を稼ぎ
  • 4ヶ月で脱サラ
  • 幸せな結婚式と新婚旅行
  • 仕事はMac1台でいつでもどこでも
  • 好きな仲間とだけ過ごし​
  • 毎年家族で旅行三昧

こんな理想のライフスタイルを手に入れることができました。

僕たちの記事を読んでくれたあなたには、ワタリドリのように世界中を飛び回るライフスタイルを送るための秘密のノウハウをすべて『完全無料』で公開するので、ぜひ受け取ってください。

あなたも悩みを解決して、一緒に理想の人生を送りませんか?