1. ブログ

【赤裸々告白】ネットワークビジネスを辞めて、せどりをスタートした経緯

あまり語ってこなかった、僕の過去について。

だって、失敗したときのことを語るのは恥ずかしいでしょ?苦笑

でも、誰かの勇気になればと思い、赤裸々に語ることを決意。

そこで、今日はネットワークビジネス→せどりをスタートするまでのお話。

「これから何かを始めたい」というあなたの参考になれば幸いです。

ネットワークビジネスを3年やってた過去

 

僕は、せどりをスタートする前、ネットワークビジネスをやっていました。

マーケティングプランを聞く限りでは、誰でもできるし、誰でも成功するビジネス。

さらに、いろんな成功者の話を聞けて、とにかく

「なんてハッピーなビジネスなんだ!」

そう感じて、即スタートしたのです。

 

ここではネットワークビジネスについての説明は省略しますが、

一言だけ補足するなら、世間の皆様から”かなり奇怪な目”で見られるのです。

なんか宗教チックで、目に見えないものを信じている人が多くて、成功者を崇めている風潮がある。

商品についても、絶対の自信を持っていて、他社製品を使ってるやつは非国民だ。

くらいの、熱狂的なファンが多いので、ちょっと俗世から離れた存在なのです。

 

中には、商品を無理やり買わせたりと、トラブルになってる人もいて

消費者センターに相談があったりもするらしいです。

(ということは、スタート時点では何も知りませんでした)

 

で、

 

実際にネットワークビジネスをスタートしてみると、、、

「誰でも成功する」ビジネスではないことに気がつくのです。

誰でも、スタートすることはできますが、

月20万以上を安定させるには、正直ハードルが高い…

 

先に述べたように、偏見を持たれていたりと

とにかく、自分だけの力ではどうにもならないことが多いからです。

 

いろんな人に会っては、断られ続け、ハンターのような目で新しい人を探し続ける─────

こんなことをしている自分が、だんだん嫌になっていました。

 

動けば動くほど、泥沼にハマっていき、結果が出ずに焦りが募る日々。

気がつけば、スタートしてから3年経っていたにも関わらず、実質的な報酬はほぼ0

むしろ、移動やセミナーなどの経費がかさむばかり

そんなときに、つーちゃん(今の奥さん)との結婚が決まり、結婚資金が必要になったのです。

 

ネットワークビジネスの5つの弱点

 

結婚が決まり、資金が必要になり、さあどうしよう?

ってことで、2人で計画を練る毎日。

 

たしかに、ネットワークビジネスで、ゴリゴリに押し売りして、お金を稼ぐことはできなくはない。

「でもそれって、自分たちの信用をなくすだけじゃない?」

と、感じたのです。

 

物を売るときに、必要なものは「信用」

どんな優れた物でも、信用がないと売れないのです。

人は知らず知らずのうちに、値段や性能だけでなく、「誰から購入する」かを重要視してるのです。

だって単純に、嫌いな人から買いたくないでしょ?

でも、この信用。なかなか厄介で、1日や2日で、できるものではないんですよね。

 

すると、結婚式まで(7ヶ月)に、信用を築き上げて、商品を販売するとこまで…

これを100人規模で…

ここで初めて、限界を感じたのです。←気がつくのが遅い。苦笑

 

ここまで書けばわかると思うけど、ネットワークビジネスには弱点があったのです。

 

1.時間がかかる

当たり前ですが、1人1人と信用を築く必要があるので、時間がかかります。

それだけでなく、「集客」を自らの手で行う必要があるのも弱点。

最初は、今までの知り合い(友達や親戚など)に声をかけるけど、それだけでは限界がある。

なので、新しく友達を作ったり、お客さんになりえる人を探す必要があるので、非常に時間がかかります。

 

2.利益率が低い

これは、あとから気がついたんだけど、ネットワークビジネスはハードルが高い割に利益率が低い。

具体的には、最大20%くらい。

月に200万売り上げたら、報酬が40万弱。

売上がそれ以下なら、利益率はもっと低い。

これを、高いとみるか、低いとみるかは、人それぞれだけど、

総売上額に関わらず、せどりなら大体20%〜だし、コンサルティングなどであれば利益率はほぼ100%

 

ましてや、ネットワークビジネスではノルマがあって、買い込みをする人もちらほら。

そう考えると、利益が最大20%というのも、純粋な利益ではないので、僕は非常に低く感じたのです。

 

3.世間に偏見がある

言わずもがな。

ネットワークビジネスを悪く言う大人は多い。

理由はいろいろあるけど、押し売りをしている人がいるというのが大きい。

自分は、そうしていなくても、ネットワークビジネス=押し売りという偏見を持っている人は少なくない。

 

もちろんそれでも、誠実にビジネスをおこなって、結果を出すことはできる。

が、ビジネス初心者にとって、この偏見は、思った以上に足かせになることがある。

 

4.マーケティングについて無知

実は、これが結構致命的。

ネットワークビジネスで学べる起業家マインド、成功者マインドについては、とても勉強になる。

これから、何かビジネスをやりたいなら、まずは、ネットワークビジネスでマインドを学ぶのはおすすめ。

ただ、マインドに偏りすぎて、精神論、宗教チックになってしまうのです。

 

マインドができても、じゃあどうやったら売上が上がるのか?

集客はどうするのか?

こういった、マーケティングについては、一切教えてくれません。

というか、ネットワークビジネスで成功している方も、よくわかってない人が多いです。

だから、ネットワークビジネスでは成功できても、他のビジネスはできないって人が多い。

 

5.第3者機関に依存したビジネス

ネットワークビジネスで成功した人は、結局、親元会社から報酬をもらってるわけなので、この会社が潰れてしまったら…?

要は、会社員のときの不安は、何も解決していない。

「会社が大きいから、歴史が長いから潰れるはずがない!」

という見方もあるけど、当然100%ではない。

(将来安泰と言われた、シャープや東芝が潰れかける時代ですよ)

 

むしろ、押し売りをやっている人のせいで、親元会社が業務停止になることは大いに考えられる。

ネットワークビジネスを1つの収入源として持っておくのは、「あり」

だが、それだけというのは、非常にリスキー。

ネットワークビジネスで成功して、他のビジネスに展開できるなら、収入源を複数にすることができるなら問題ない。

しかし、4でも述べたように、マーケティングに関する知識が一切学べないので、他のビジネスに展開することが難しい。

 

本当の意味で(なるべく第3者機関に頼らないで)、「自分で稼げるようになる」

これを目指すには、最初にネットワークビジネスに力を入れるということは、少しリスキーだなと感じたのです。

 

もちろん、ネットワークビジネス自体、悪いものではないし、掲げているものは世界平和につながるレベルで尊敬できる。

実は、今でも愛用している商品はあるし、友達におすすめすることもある。

 

が、

 

それが報酬につながり、自分の生活に直結するとなると話は別。

血眼になって、商品を売ろうとする気持ちもわからないでもない。

だから、今は、ネットワークビジネスで報酬がなくても生活できる、そういう状況になったからこそ、

報酬がなくても「いいものはいい」と胸を張って、友人に紹介できるようになったのです。

 

せどりをスタートした理由

 

ちょっと話がそれたけど、要は、ネットワークビジネスって気持ちに余裕がないと無理じゃない?

そう思った僕は、生活費を稼ぐ術を、他に探したのです。

 

つまり、わかりやすく言うと

「稼ぎたい」

「結婚式に400万必要なんです!」

 

この願いを叶えてくれるビジネスを探していたときに、せどりに出会ったのです。

僕が魅力を感じた点は、なんといっても

 

「集客不要」

 

最初は、Amazonで販売するモデルからスタート。

(今では、eBayとAmazon、メルカリをメインにしています)

いずれにしても、僕が集客をする必要はないのです。

 

なぜなら、Amazonさんが、大量の広告費を使って、お客さんを集めてくれていますから。

だから、僕がやることは、2つだけ。

  1. 仕入れをする
  2. Amazonの倉庫に納品する

そうすれば、勝手に売れていきます。

知り合いに声を掛ける必要もないし、新しい友だちを作る必要もない。

 

淡々と、黙々と、仕入れて納品するだけ。

そうすれば、月20万稼ぐことができるのです。

人付き合いに疲れ果てていた僕にはピッタリでした。苦笑

 

これで、結婚式費用を捻出できる。

つーちゃんの喜んだ顔が見れる。

そう思ってスタートしたことを、今でも覚えています。

 

せどりに対する批判の声

 

ここからは余談ですが、もちろん「せどり」に対しても、いいイメージを持っていない人はいます。

チケット転売とか話題になってるでしょ?

法律が新たに作られるくらいで、社会問題にもなっています。

 

チケット転売=せどりやってる人

そういう風に思っている人も少なくないです。

たしかに、限定品を買い占めて高額転売している人がいるのは事実です。

 

僕は、断固やってませんが。苦笑

詳しくは、こちらの記事で。

意外と知らないせどりの意味。初月で20万稼いだけどこれって違法?

 

で、結局、法律的にどうなんだ?

って話なんだけど、法律を犯すこともできるし、法律を守った商売をすることもできる。

人の迷惑になることを顧みないこともできるし、人の役に立つこともできる。

 

このへんは、せどりに限った話ではない。

どんなビジネスでも、同じことが言えて、自分次第でしょ?って話。

どんな信念を持って、なんのために、ビジネスをしてんのか?って。

 

僕の場合は、「つーちゃんありき」でビジネスを始めたので。

犯罪スレスレのことやって稼いでも、迷惑かけるだけじゃない?

旦那が捕まっちゃっても、ねえ?苦笑

 

だから、ネットワークビジネスも辞めたわけだし。

ゴリゴリで押し売りして、誰が喜ぶの?って話で。

 

「つーちゃんの笑顔」

 

そのために、今はいろんなビジネスをしています。

僕は、僕の信念を貫いて、ビジネスを展開しています。

(他人から見たら、大した信念ではないかもですが)

 

だから、よくわかってない人から、批判されても気にならないわけです。

「やましいことはやってないし、目の前の人を喜ばせている自信がある」

僕にとっては、それだけでいいのです。

 

少々の批判で、気分が落ちたり、前進することをやめたりしないのです。

 

なにかビジネスを始めるなら、信念を持ってください。

覚悟を決めてください。

誰のために?

なんのために?

それが定まったら、遅かれ早かれ結果はついてきます。

必ず。

だって、ブレないから。前に進むしかないから。

 

どれだけ人気のある芸能人でも、アンチはいるわけで。

どうせ何やったって批判されるわけだから、それなら自分の信念を貫いた方が人生楽しそうじゃない?

そう思うのです。

 

誰も、僕の人生の責任は取ってくれないから。

自分の人生は、自分で決める。

 

「みんな」を幸せにする前に、「知らない誰か」を幸せにする前に

自分や、身近な人を幸せにした方がいいんじゃない?というのが僕からの提案です。

 

今になってわかったことは

×何をやるかよりも

◎誰がやるのか

◎どんな信念で取り組むのか

 

こういったことが、ビジネスにおいて大事なんだなと。

だから、うまくいく人は、何やってもうまくいくわけです。

 

まとめ

 

いつになく、まとまりのない話でしたが…苦笑

ネットワークビジネス、せどり、アフィリエイトなど、いろんなビジネスがあります。

  • どれが儲かるのか?
  • 自分に向いているのか?
  • 最初にやるべきは?

こういったことを考えるのも大切です。

という話をすることが、これまで多かったですが、

  • なんのために?
  • 誰のために?
  • 何を叶えたいのか?

自分の信念、生き方、想いが乗っかるのか?

といったことも同じくらい重要です。

成功するかどうかに非常に重要なウェイトを占めています。

 

それはもちろん、自分のためでもいいし、身近な人のためでいいです。

世界平和とか、大きいことじゃなくてOK。

背伸びせずに、まずは小さいことから、始めていけばいいのです。

 

少し精神論っぽい話にはなったけど、非常に重要な話なので、ぜひ参考になれば幸いです。

では。

ABOUT ME
畑中 紫臣
[名前]畑中紫臣(しおみ) [特徴]冬になると常夏の国へ逃亡する。超寒がり。マイペースで几帳面。2児のパパ。 [好きなもの]家族/旅/サッカー [経歴]北大院卒 →会社員 →独立 →家族で世界一周 現在の仕事は、マーケティングコンサルタント/セミナー講師/ゲストハウス運営/メディア運営 など
「裏・ワタリドリブログ」をプレゼント!

この記事を最後まで読んでくれたあなたに秘密のプレゼントです。

世界最速で会社員を卒業して、ワタリドリになるための動画セミナー教材(100本以上、10時間以上)を、”期間限定”で無料プレゼントしています。

  • 世界最速でワタリドリになるための3つのステップ
  • 0から10万円を生み出す、2つのインターネット錬金術
  • 理想のライフスタイルを手に入れるための2つのポイント
  • 会社員卒業のために実は不要な5つの既成概念と、本当に必要な3つのこと
  • 2千万円以上騙されて学んだ、詐欺商材を買わないたった1つの秘訣

 

※教材の一部タイトルです

僕たちの仲間は、この「裏・ワタリドリブログ」を活用して、すでにライフスタイルに変化が現れています。

あなたも今すぐプレゼントを受け取って、一緒にワタリドリのようなライフスタイルを目指しませんか?