成功哲学

ネットビジネスで失敗する人のパターンや特徴は?脱サラ後も稼ぐために必要なこと

この記事では「ネットビジネスで失敗する人のパターンや特徴は?脱サラ後も稼ぐために必要なこと」としてお伝えします。
ネットビジネスは「簡単に稼げる」といったイメージがあるのも事実ですが、失敗して挫折する人も多くいます。
ネットビジネスで脱サラして起業したいと思っている人もいるかもしれませんが、失敗するパターンや特徴を知って、ぜひ失敗しないネットビジネスをやっていきましょう。
ネットビジネスで起業した私の経験をもとにお伝えしていきます!

ネットビジネスのメリットデメリットは?

ネットビジネスのメリットデメリットは?脱サラしたらどうなる?
まずは、ネットビジネスのメリットとデメリットを整理しておきましょう。
メリットとデメリットを整理することで、自分に向いているかどうかを判断することができます。

ネットビジネスのメリットとは?

私が考えるに、ネットビジネスの大きなメリットは以下の3つが挙げられるかなと思います。

  1. 時間と場所に縛られずにビジネスを展開できる
  2. リアルビジネスに比べると初期費用が断然安い
  3. 日本全国・世界中の人たちをお客さんにできる

時間と場所に縛られずにビジネスを展開できる

ネットビジネスとはインターネットを使ったあらゆるビジネスですから、インターネットさえつなぐことができたらいつでもどこでもビジネスができます。
現に私の会社もネットビジネスでの売り上げが大半で、ある時は自宅で仕事、ある時はカフェで仕事、ある時は実家に帰省中に仕事、という風に、いつでもどこでも仕事をしています。
「そんな四六時中仕事をしたくない!」と思うかもしれませんが、私の場合は「好きなこと」を仕事にしたため、趣味が仕事みたいになっています。
なので、いつ仕事をしても全然苦にならない。
ネットビジネスをこれからやるのであれば、いつでもどこでも仕事がしたいと思えるものを仕事にするのがいいですね。

リアルビジネスに比べると初期費用が断然安い

ネットビジネスは、初期費用が全くかかりません。
例えば飲食業といったリアルビジネスを考えてみても、ビジネスを始めるまでに様々なものを最初に購入しなければなりません。

私は飲食業をやったことがないのでこれ以上何が必要かわかりませんが、少なくとも何百万、何千万円単位での初期費用がかかることは確かですね。
それに比べてネットビジネスでは、パソコンとインターネットさえあればビジネスがスタートできます。
すでにパソコンを持っている人が多数だと思いますので、初期費用はほぼ0円ですよね。

日本全国・世界中の人たちをお客さんにできる

リアルビジネスだとお客さんはその店に来る必要がありますから、お客さんというのは店舗の近くに住んでいる人など、限られてしまいます。
しかしネットビジネスであれば、お客さんに垣根はありません。
インターネットを使っているあらゆる人がお客さんになる可能性があります。
私は現在、日本の顧客を相手にビジネスをしていますが、せどりをやっていた時は輸出がメインだったため、世界中の人がお客さんでした。
ネットビジネスでなければ、世界中の人に商品を届けるためには莫大な費用と膨大な時間がかかりますよね。。
それがネットだと一瞬です。
これが、ネットビジネスのメリットでもありますよね。

ネットビジネスのデメリットとは?

では反対に、ネットビジネスのデメリットを考えてみます。

  1. 怪しいと思われがち
  2. Googleに評価されるような戦いをする必要がある
  3. 信用を得ることが難しい

怪しいと思われがち

ネットビジネスをやっているというと、大抵の人は「怪しいことをしている」とイメージするようです。
ネットビジネスでは商品として「情報」や「コンサルティング」を扱うことが多かったりします。
つまり、実物がある「もの」を売っているわけではない。
それに消費者庁から定期的に、ネットでのコンサルティングに関して悪質な被害状況などがニュースになっています。
それがネットビジネス=怪しい、という構図に拍車をかけていますね。
残念ながら、詐欺まがいのことをしているネットビジネスの人がいることも事実です。
しかし、ほとんどの人は真っ当にビジネスをやっている人が大多数。
あなたもネットビジネスをやりたいのであれば、ちゃんと真っ当にビジネスをやりましょう。

Googleに評価されるような戦いをする必要がある

ネットビジネスをやるようになると、意識せざるを得ないのがGoogle。
特にアフィリエイトをネットビジネスのメインの事業としてやりたいのであれば、Googleの評価をどれだけ得るのか、ということが悩みになります。
私もGoogleのアルゴリズムアップデートでいくつものブログに影響が出て、一時期はかなり凹んでいた時もありました。
しかし、そこから這い上がることができて、今ではGoogleのアルゴリズムに影響が出ても問題ないような体制を構築しています。


Googleを意識すると一喜一憂してしまいますから、初期のネットビジネスのやり方としてはGoogleを意識して収益を立てつつ、収益が出ている間にGoogleに影響が出ないような収益の柱を構築していくのがいいです。

Googleの影響が出ないようなネットビジネスの仕組み構築は長期的に収益を上げるためには絶対に必要なことですので、超重要です!

信用を得ることが難しい

最初のデメリットでも挙げましたが、ネットビジネス=怪しい、というのが世間一般のイメージ。
だからこそ、ネットで何かを売りたいときには「マイナスからのスタート」として捉えておいた方がいいです。
コツコツと信用を得つつ、あなたの商品を買ってくれるようにするのです。
私は信用を得るための一つの方法として、本を出版しました
「本を出版できるほどの人=この人の情報は信用できる」といったイメージを読者に伝えたかったためです。


ぜひあなたなりに、信用を得る方法を模索していきましょう。

ネットビジネスで失敗する人の特徴!脱サラしても稼ぎ続けるために知っておくべきこと

他人と過去は変わらない!変えられること変えられないことを知る
ネットビジネスのメリットとデメリットが整理できましたか?
それでは、ネットビジネスが失敗する人の特徴をまとめていきましょう。

なぜこれらの人がネットビジネスで失敗しやすいのか。

ネットビジネスが失敗する人の特徴1:ネットビジネスは簡単に稼げると思っている人

まずは、「ネットビジネスは簡単に稼げると思っている人」は絶対に失敗します。
例えば「1クリック100万円」のような、すごく怪しいネットの広告を見たことはありませんか?
そういった甘い文言に誘導され、本当に「簡単に」「1日10分で」稼げると思ってネットビジネスを始めると、確実に挫折します。
ネットビジネスは、ちゃんとした「ビジネス」です。
ビジネスはある程度時間と労力をかけることでしか稼ぐことができません。
ビジネスが簡単に成功できるのであれば、その業界は飽和していますよね。
だからこそ、個人コンサルティングなどでちゃんとしたメンターなどを付けて、努力の方向性が合っているかを確認しながらモチベーションを保つ必要があるのです。

しかしネットビジネスは、ちゃんとしたノウハウと諦めずにコツコツ続けることができれば、ある程度は簡単に稼げてしまうのも事実。
私の場合は、ブログ開始3ヶ月で月に8万円を稼ぐことができました。
その後もだんだんと収益を伸ばし、最終的には月額150万円ほど稼ぐことに。
サラリーマンで月額1万円を増やすのに何年もかかることを考えれば、ネットビジネスは本当に割りの良いビジネスです。

でもそこまで稼ぐには、かなりの努力を要しました。
ちゃんとした努力をすることで、月収が青天井になるビジネスであることは間違いありません。

ネットビジネスが失敗する人の特徴2:お金の管理がうまくできない人

ビジネスで大事なのは、お金の管理です。
お金の管理といっても、細かく1円単位で把握すること、ではありません。
大雑把にでもいいので、どのプロセスに対してお金がどれぐらいかかっていて、最終的にはどのぐらいの利益が出ているのかを把握するのができればOKです。
お金の流れを把握できていないと、どこを改善すれば収益が伸びるのか、どこのコストを削ることができるのか、といったことを考えることができます。
ネットビジネスといえど、ちゃんとビジネス上の考え方は持ちましょう、ということですね。

私個人の反省として、一度せどりをやっているときに黒字倒産しかけました。
というのも、売れた商品の利益にしか目がいかず、在庫がどれぐらいあるのかなどを把握していなかったためです。
ちゃんとお金の流れを把握していないと、このように黒字倒産というのもあり得ますので、注意が必要。

ネットビジネスが失敗する人の特徴3:自律できていない人

ネットビジネスは、お客さんの顔が見えないビジネス。
そして、常にパソコンと向き合っているビジネス。
そうすると、ダラけてしまうこともあります。
顔も見えない相手に対して商品を売っていくのですから、適当にやっていても誰にも迷惑はかけません。
しかし顔が見えなくても、適当にビジネスをやっているのか真剣にやっているのかは、すごく伝わるもの。
なので、お客さんの顔が見えない状況であっても、ちゃんと真剣にビジネスとやるという自律した心を持たない限り、成功することは難しいかと思います。

ネットビジネスで失敗するパターンとは?


私が考えるに、ネットビジネスで失敗するパターンで1番多いのは「稼げる前にやめてしまう」ということです。
ネットビジネスはお客さんも目の前にないですし、正直にいえば自分との戦いになることが多い。
自分を信じて、「必ず稼ぐまでやり続ける」という心を常に持たない限り、ネットビジネスで成功することは難しいかもしれません。

事実、ネットビジネスの典型的な例であるアフィリエイトでお金を稼いでいる人の割合に関して、以下のようなデータがあります。

  • 収入なし      23.3%
  • 1000円未満 14.5%
  • 5000円未満 8.8%
  • 1万未満       6.2%

つまり、約53%の人は月収1万円すら稼げてないということ。
このデータが示すことの可能性としては2つあります。

  1. 本当にネットビジネスが難しくて失敗する人が多い
  2. ネットビジネスで稼ぐ前にやめてしまう

実は、2番目の可能性である「ネットビジネスで稼ぐ前にやめてしまう」人が多い。
私のアフィリエイト実践記でも書いていますが、ブログ開始2ヶ月目での月額は3,772円です。
しかし、ブログ開始3ヶ月目には月額8万円にまでなったのです。
ネットビジネスって実は、急に稼げる時がきます
その時までに自分を信じて作業し続けることができるかどうか。
それだけです。

ネットビジネスで失敗しないためにやるべきこと


では、ネットビジネスで失敗しないためにやるべきことはなんでしょうか。
私が思うに、必ず必要となるのはこの1つ。

本当にこれは重要です。
ネットビジネスで「稼げればいいや」という甘い気持ちでいると、全然稼げないときにモチベーションが下がって諦めてしまいます。
「起業」や「脱サラ」というと、すごく難しくてなかなか踏み出せないイメージがありますよね。
しかし、ネットビジネスとなると簡単に稼げるようなイメージを持たれている気がします。

ネットビジネスも、ちゃんとしたビジネスです。
私としてはリアルビジネスよりも初期費用がかからないなどのメリットがあるのでオススメですが、それでも甘い気持ちだと稼げることはないでしょう。
ついつい甘えてしまう、という方は、絶対に個別コンサルティングを受けた方がいいですね。
個別コンサルティングを受ける本当の意味は、ノウハウを得るためではなく、正しい努力の方向性を定めることと、モチベーションの維持だから。
なので、これから本気でネットビジネスをやるならぜひ個別コンサルを受けましょう。

まとめ


ネットビジネスに関して、失敗する人の特徴やパターンを起業した私の経験をもとに解説しました。
ネットビジネスは「簡単に稼げる」といったイメージがあるためか、失敗して挫折する人も多くいる業界。
ぜひ「ネットビジネスもちゃんとしたビジネスなんだ」という心構えを持って、継続的に稼げるビジネスをやっていきましょう!

「裏・ワタリドリブログ」をプレゼント!

この記事を最後まで読んでくれたあなたに秘密のプレゼントです。

世界最速で会社員を卒業して、ワタリドリになるための動画セミナー教材(100本以上、10時間以上)を、”期間限定”で無料プレゼントしています。

  • 世界最速でワタリドリになるための3つのステップ
  • 0から10万円を生み出す、2つのインターネット錬金術
  • 理想のライフスタイルを手に入れるための2つのポイント
  • 会社員卒業のために実は不要な5つの既成概念と、本当に必要な3つのこと
  • 2千万円以上騙されて学んだ、詐欺商材を買わないたった1つの秘訣

 

※教材の一部タイトルです

僕たちの仲間は、この「裏・ワタリドリブログ」を活用して、すでにライフスタイルに変化が現れています。

あなたも今すぐプレゼントを受け取って、一緒にワタリドリのようなライフスタイルを目指しませんか?