メルカリ送料最安はどれ?!絶対に使うべき3つの配送方法とその理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

・メルカリは送料込みの方がいい?

・どの配送方法が一番安い?

・夜は配送業者が営業終了している・・・

 

今日は、メルカリの送料!

メルカリで出品して、売れたはいいけどどうやって送ろうか?

今回の記事を見れば、もっとも効率よく、かつ送料削減できる方法がわかるはず!

それでは早速、絶対に使うべき3つの配送方法を紹介しましょう。

メルカリは送料込み?送料別?

 

メルカリ出品、最初のお悩みポイント。

それは、送料込みにするのか、送料別にするのか。

出品者、購入者、それぞれの立場で考えてみよう。

 

出品者の立場

送料別派。

利益計算がしやすいから。

(送料がいくらになるか調べるのがめんどくさい)

 

購入者の立場

送料込み派。

出て行くお金が計算しやすいから。

(着払いだといくらかかるかわからない)

 

出品者側と、購入者側で相反するので悩ましいところ。

しかし、出品者の立場になると、購入者のニーズは押さえておきたい。

つまり、送料込みで出品するのが得策。

 

「着払いでいくらかかるかわからない」

という購入者の最大の不安を取り除いてあげよう。

そうすることで、結果的には、あなたの売上UPにもつながる。

1つの商品が売れやすくなるだけでなく、あなたのアカウントの評価や信頼がアップする。

そのため、リピーターが増えたり、他の購入者も増えやすくなる。

もちろん、トータル売上もアップする。

実際、メルカリに出品されている商品は、8割以上が送料込み。

はっきり言って、送料別にするという選択肢は、万に一つもない。

 

メルカリ送料削減!絶対に使うべき3つの配送方法

 

メルカリで絶対に使うべき3つの配送方法

 

さて本題。

送料込みで出品するので、送料は出品者のあなたが負担する。

そこで、送料を削減する方法について解説しよう。

世の中には、たくさんの配送方法がある。

定形郵便、定形外郵便、ゆうメール、宅急便、ゆうパック、佐川急便、西濃運輸、クリックポスト・・・。

どれで発送すればいいのか・・・?

全部調べてたらキリがない!

ということで、僕が代わりに、主要配送方法について全部調べました!

その結果、「メルカリでは3つの配送方法だけ使い分ければOK」という結論に。

 

 

その3つとは

  1. ゆうゆうメルカリ便
  2. らくらくメルカリ便
  3. クリックポスト

 

3つの配送方法しか使わない理由

 

なぜこの3つしか使わないのか?

メルカリの配送方法を選ぶ上で、もっとも重要なのは、追跡機能がついていること。

メルカリにおいては、購入者に届いたかどうか絶対に知っておくべき。

詳しくはトラブルシューティングの記事で。

メルカリトラブルシューティング!よくあるトラブル8選とその解決策

トラブルに巻き込まれないために、追跡機能は必ずつけよう。

ここをケチってしまうと、商品紛失や返金対応など、後々高くついてしまう可能性がある。

送料は、安ければいいという話ではない、ということは明白。

というわけで、配送方法を選ぶ条件で、最初に重要なのは追跡機能。

追跡機能がついている配送方法の中で、送料が安いものを選ぼう。

 

だから、定形郵便やゆうメールはNG。

送料は抜群に安いが、追跡機能がついていない。

メルカリの配送方法としては、オススメできない。

 

3つの配送方法の特徴一覧

 

前述したように、追跡機能がついていて、かつ送料が安い3つを厳選した。

  1. ゆうゆうメルカリ便
  2. らくらくメルカリ便
  3. クリックポスト

ほとんどの商品は、この3つの配送方法から選ぶのがオススメ。

ちなみに、配送方法を選ぶ上で、基準は6つ。

「料金の安さ」

「匿名性」

「補償の有無」

「追跡の有無」

「いつでも出せるか」

「使いやすさ」

合計6項目の総合点が、高いものを使っていくといい。

以下にまとめたので参考にしてほしい。

ゆうゆうメルカリ便 らくらくメルカリ便 クリックポスト
料金の安さ
匿名性
補償の有無
追跡の有無
いつでも出せるか
使いやすさ

 

この3つのうち、どれを使うのか。

詳しくは、次章以降で解説するが、使いやすさを重視するのがいいだろう。

それ以外の項目については、3つともそれほど変わらない。

具体的には、家の近くにローソンがあれば「ゆうゆうメルカリ便」といった感じ。

(ゆうゆうメルカリ便は、ローソンで24時間受け付けている)

それでは、ここからは3つの配送方法について、より詳しく解説していく。

 

メルカリ送料削減! ①ゆうゆうメルカリ便

 

ゆうゆうメルカリ便は、メルカリユーザー限定の配送方法。

ゆうパケットとゆうパックを通常よりお得に利用できるサービス。

日本郵便が提供している。

 

料金

料金は以下の通り。サイズによって異なる。

配送方法 サイズ 重さ 料金
ゆうパケット A4サイズ・厚さ3cm以内 1kg以内 175円
ゆうパック 60サイズ〜100サイズ 30kg以内 60サイズ:600円
80サイズ:700円
100サイズ:900円

通常のゆうパックと異なる点は「全国一律料金」ということ。

つまり、東京から東京に送る場合も、東京から北海道に送る場合も、料金は一律。

地域によって配送料が異なると、困るのは、商品の値段設定。

沖縄の人が購入することを想定した高い値段設定にするのか・・・

あるいは、安く設定するのか・・・沖縄の人が買ったらどうしよう・・・

こんな心配がなくなるのでありがたい。

これは出品者にとってメリットが大きい。

ちなみに、ゆうパケットはメルカリ便の小型最安値。

サイズに問題なければ、最優先で利用するべき配送方法だ。

 

匿名性

匿名で配送可能。

つまり、お互いに住所と名前が知られずに発送できる。

個人情報の管理を気にする人にも、購入してもらいやすい。

これはすごく安心できるいいサービス。

 

補償の有無

万が一の場合に備えて、補償の有無も大切。

ゆうゆうメルカリ便を使うと、配送時のトラブルにより商品紛失・破損等が発生した場合、メルカリが補償してくれる。

商品代金、販売利益を全額補償してくれるので安心だ。

 

 

追跡の有無

これは文句なし。

メルカリでは、商品が到着したという情報がとても大切。

ゆうゆうメルカリ便では、メルカリ上で確認できるので便利。

 

いつでも出せるか

ゆうゆうメルカリ便は日本郵便のサービス。

なので、郵便局での受付が基本。

郵便局だと夜には閉まっていて使い勝手が悪そう。

しかし、実はローソンでも受付可能。

そのため、ローソンが家の近くにあれば、24時間いつでも発送可能。

 

使いやすさ

注目すべきはゆうパックの重量制限。

30kg以内となっているが、100サイズ以下であれば多くの商品が30kg以内。

つまり、重量制限は実質ないと言っていい。

ここがゆうゆうメルカリ便の使いやすさ。

 

また、ゆうゆうメルカリ便は、購入者にとっても使い勝手がいい。

自宅以外での受取が可能だからだ。

自宅の他に、郵便局・ローソン・ミニストップ・はこぽす、での受け取りが可能。

 

メルカリ送料削減! ②らくらくメルカリ便

 

らくらくメルカリ便も、メルカリユーザー限定の配送方法。

ヤマト運輸の提供する配送(ネコポス/宅急便コンパクト/宅急便)を通常よりお得に利用できるサービス。

 

料金

料金は以下の通り。

配送方法 サイズ 重さ 料金
ネコポス A4サイズ・厚さ2.5cm以内 195円
宅急便コンパクト 専用資材を別途購入(65円) 380円
宅急便 60 ~2kg 600円
80 ~5kg 700円
100 ~10kg 900円
120 ~15kg 1000円
140 ~20kg 1200円
160 ~25kg 1500円

 

通常の宅急便と異なる点は、ゆうゆうメルカリ便と同様。

「全国一律料金」ということ。

ゆうゆうメルカリ便との違いは、まずサイズが160サイズまで送れる。

大きい商品を送ることができる。

また、特徴として、サイズの規定がすごく細かい。

サイズと重さの大きい方の料金が適用される。

例えば、60サイズであっても、4kgなら、80サイズ料金。

なので、全体的にゆうゆうメルカリ便よりも割高感はある。

 

匿名性

らくらくメルカリ便も匿名で配送が可能。

お互いに住所と名前が知られずに発送できる。

 

補償の有無

らくらくメルカリ便も、ゆうゆうメルカリ便と同様。

配送時のトラブルにより商品紛失・破損等が発生した場合、メルカリが全額補償。

 

追跡の有無

追跡も有り。

ゆうゆうメルカリ便と同様、メルカリ上で確認できる。

 

いつでも出せるか

らくらくメルカリ便はヤマトのサービスなので、ヤマトでの受付が基本。

しかし、ファミリーマートとサンクスでも受付してもらうことができる。

そのため、ファミリーマートもしくはサンクスが家の近くにあれば非常に便利。

 

使いやすさ

まず、サイズの規定が細かく分けられている件。

これは、人によってはすごく便利だし、不便に感じる人もいるかも。

僕は、めんどくさがり屋なので、いちいちサイズと重さを測るのがネック。

 

ただ、らくらくメルカリ便の最大のメリットは、160サイズまで発送可能という点。

(ゆうゆうメルカリ便は100サイズまで)

なので、100サイズ以下ならゆうゆうメルカリ便、100〜160サイズなららくらくメルカリ便。

こういった使い分けでもいいかもしれない。

 

また、らくらくメルカリ便では、30円の追加料金でヤマトが集荷に来てくれる。

田舎に住んでいたり、家から出るのが億劫な場合は、非常に重宝するサービスだ。

ただし、購入者は、自宅以外での受け取りが不可。

これも知っておくといい。

 

【徹底比較】ゆうゆうメルカリ便 VS らくらくメルカリ便

 

ゆうゆうメルカリ便とらくらくメルカリ便の違い。

結局、何が違うのかわかりにくい!(←僕がw)

ということで、一覧表にまとめました。

 

  ゆうゆうメルカリ便 らくらくメルカリ便
提携先 郵便局 ヤマト運輸
発送場所 郵便局

ローソン

ヤマト営業所

ファミリーマート

サークルKサンクス

匿名・補償・追跡
集荷  × 可能(+30円)
料金 全国一律 全国一律
対応サービス ゆうパケット
ゆうパック(60〜100サイズ)
ネコポス

宅急便コンパクト

宅急便(60〜160サイズ)

使い分け

※しおみのオススメ

小型向き(〜100サイズ) 大型向き(100サイズ〜)
購入者の受取  自宅

郵便局

ローソン

ミニストップ

日本郵便の宅配ロッカー「はこぽす」

自宅のみ

 

メルカリ送料削減! ③クリックポスト

 

3つめに紹介するのはクリックポスト。

クリックポストは日本郵便のサービス。

メルカリ限定サービスではないので、ヤフオクなどでも利用可能。

 

料金

料金は全国一律164円。

ただし、サイズと重量は、以下を満たしていること。

A4サイズであれば、間違いなく対応してくれる。

このサイズにおいては、クリックポストは最安。

 

匿名性

残念ながら、匿名性はなし。

メルカリが提供するサービスのみ、匿名性は保たれる。

一般サービスであるクリックポストは、匿名配送は非対応。

 

補償の有無

補償もなし。

高単価商品は、利用を避けた方がいい。

 

追跡の有無

追跡はあり。

ただし、メルカリが提供しているサービスではないので、追跡情報は郵便局のホームページにて確認。

 

いつでも出せるか

クリックポストの利用方法。

自宅でラベルを印刷後、ポストに投函するだけ。

なので、いつでも発送可能。

ほとんどの場合、ポストも自宅近くにあるはず。

おそらく、全国で使い勝手が良い配送方法だろう。

 

使いやすさ

上述した通り、ポストに投函という点では使い勝手は抜群。

しかし、自宅にプリンターがある場合に限る。

クリックポストのためだけに、プリンターを購入するほどのメリットは正直ない。

(月間100件以上配送するなら話は別)

なので、プリンターがない場合は、若干割高になるが、ゆうゆうメルカリ便を利用するといいだろう。

 

また、決済が自宅でできる点もオススメポイント。

クレジットカードを使える点もGOOD。

A4サイズの商品を送るならクリックポストがオススメだ。

 

メルカリ送料削減! 【番外編】大型らくらくメルカリ便

 

ちょっと番外編。

基本的に、家にある不用品を販売するなら、160サイズ以内に収まるだろう。

しかし、いらなくなった大型の家具や家電を販売するパターンもあるはず。

その際に便利な「大型らくらくメルカリ便」も紹介しておこう。

 

大型らくらくメルカリ便は、ヤマト運輸とメルカリが提供する大型配送サービス。

最大の特徴は、「出品者も、購入者も、何もしなくていい」という点。

梱包、集荷、設置、資材回収。

すべて、ヤマト運輸の人がやってくれます。

 

僕も経験あるけど、大型商品の梱包はとにかく大変。

資材を買うところから始める必要があるし、時間もかかる。

うまく梱包できてなければ、配送時に破損することも。

破損してしまったらとにかく大変。

返品なんかされても困るし、梱包が原因なら補償されない場合も・・・

 

その点、すべてやってくれる大型らくらくメルカリ便はかなり便利。

しかもそれだけじゃない。

追跡あり、補償あり、配送料金は全国一律。

 

料金は以下の表の通り。

サイズ 料金
200 4,320円
250 7,398円
300 10,746円
350 16,254円
400 22,950円
450 29,646円

正直、ちょっと割高。

他に、もっと安いサービスはたしかに存在する。

しかし、前述した通り、破損したりするリスクを考慮すると、総合点の高さで大型らくらくメルカリ便をオススメする。

 

メルカリ送料 保存版!商品別オススメ配送方法一覧

 

結局、どれで送ったらいいの?!

ってことで、最後に、商品別オススメ配送方法を一覧に。

主に取引されている商品ごとに一覧表を作成。

もちろん、中には規格外のサイズもあるだろう。

その場合は、下表の通りではないかもしれない。

しかし、大まかには下表を参考にして配送すれば、最適な方法で配送できるはず。

 

商品カテゴリー 配送方法
衣類

(薄手)

クリックポスト

ゆうゆうメルカリ便(ゆうパケット)

らくらくメルカリ便(ネコポス、宅急便コンパクト)

コートなどの衣類

(厚手)

ゆうゆうメルカリ便(ゆうパック)

らくらくメルカリ便(宅急便)

電化製品

ゲーム機本体

ブランドバック

ゆうゆうメルカリ便(ゆうパック)

らくらくメルカリ便(宅急便)

CD・DVD・ゲームソフトなど クリックポスト

ゆうゆうメルカリ便(ゆうパケット)

らくらくメルカリ便(ネコポス)

雑誌・カタログ・パンフレット クリックポスト

ゆうゆうメルカリ便(ゆうパケット)

らくらくメルカリ便(ネコポス)

コミックセット・DVD BOX ゆうゆうメルカリ便(ゆうパック)

らくらくメルカリ便(宅急便)

スマホアクセサリー・小型PC機器 クリックポスト

ゆうゆうメルカリ便(ゆうパケット)

らくらくメルカリ便(ネコポス)

大型の家具・家電 大型らくらくメルカリ便

 

最後に注意点。

ここまで3つの配送方法を中心に解説してきた。

もちろん、他にもたくさんのサービスがあるので、好きなものを選んでほしい。

今回の記事で僕が伝えたい事は、安ければいいという話ではないということ。

配送料は安いかもしれないが、補償がついてないことで結局損をする。

こういった話もよく聞くし、もちろん、体験したこともある。

あなたには同じ経験をしてほしくないので、上述したように総合的に判断するようにしてほしい。

今回の記事がお役に立てたら幸いだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1年で300万損したダメ夫が
家族で世界一周

あなたにはこんな悩みがありませんか?

  • 海外旅行に行ってみたい…!
  • ビジネスクラスに乗ってみたい…!
  • 世界一周旅行をしてみたい…!
  • 両親を旅行に連れていきたい…!
  • 新婚旅行は1週間以上行きたい…!

 

 

すべての悩みが解決できるとしたら、あなたはいくら支払いますか?

 

もし、すべての悩みが解決するなら…

いつでも海外旅行に行けて、世界中の絶景を見放題です。

世界中の絶品料理を食べることも、その幸せを家族とシェアすることもできるのです。

この先ずーっと、そんな生活ができるとしたら…

100万円支払いますか? いやいや、200万円?

もしかしたら「1千万円払ってでも叶えたい!」という人もいるかもしれません。

 

 

『完全無料』でお悩み解決!!

 

実は、僕もサラリーマン時代に同じことで悩んでいました…

悩みを解決するために副業にチャレンジしましたが、たった1年間300万の貯金すべてを失ってしまう結末に…

しかし、あることをきっかけに僕の悩みはすべて解決したのです。

  • 初月で20万を稼ぎ
  • 4ヶ月で脱サラ
  • 幸せな結婚式と新婚旅行
  • 仕事はMac1台でいつでもどこでも
  • 好きな仲間とだけ過ごし​
  • 毎年家族で旅行三昧

こんな理想の人生を手に入れることができました。

僕たちの記事を読んでくれたあなたには、ワンランク上の家族旅行をするための秘密のノウハウをすべて『完全無料』で公開するので、ぜひ受け取ってください。

あなたも悩みを解決して、一緒に理想の人生を送りませんか?


今すぐ詳細をチェック!

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*