旅の拠点

生口島発着フェリー/島内4港の運賃・時刻表・所要時間のまとめ

みなさんこんにちは!

生口島&高根島に惚れて、猟師になるために大阪からIターン!

そして、生口島の”オシャベリーカフェ”で生口島&高根島観光大使っぷりを発揮している

しし姉(ししねぇ)・しょうこです★

今回は、生口島発着のフェリー&定期船情報をまとめます。

船はいいですよー!短いけどなんか、旅って感じが満喫できます♪

ちなみに、

車も運べる船を”フェリー”人と自転車のみを運ぶ船を”高速船”や”客船”と区別します。

が、この記事では船を一括して、”フェリー”と呼びます。

 

生口島発着フェリー ①瀬戸田港

1-1 瀬戸田港の概要

まずは尾道行、三原行きのフェリー乗り場、瀬戸田港です。

空調の効いた待合室はここだけ。

あと、基本的にこれから紹介する港は全部無人です。

船を降りてすぐの瀬戸田港の風景↓

空調の効いた待合室。トイレも綺麗。基本無人です。↓

 

1-2 尾道行きフェリー

瀬戸内クルージング(客船名:シトラス、3便から『サイクルシップ・ラズリ』)

時刻表株式会社瀬戸内クルージングHP)

・始発は平日7:10、土日祝7:50、終船は平日・土日祝共に18:30

手段徒歩、自転車のみ
所要時間片道約40分
運賃大人1,200円/小人600円

(地域住民1,050円)

自転車400円

※運賃は記事を書いた2019.9月現在のもの。

変更する可能性があるので、自分で調べてね!

1-3 三原行きフェリー

三原行きは船が2種類ありますが、どちらでも三原に行きます。

マルト汽船は佐木島、小佐木へ寄るので、少し所要時間が長いです。

1-3-1 シーホーク(土生商船グループ)

 時刻表(土生商船グループHP)

・始発は平日土日祝共に6:20、終船は20:10

手段徒歩、自転車のみ
要時間片道約30分
運賃大人820円/小人410円

自転車120円

1-3-2 マルト汽船(しまなみ海運)

この三原行きの船は三原へ行く前に佐木島の向田、小佐木島へも止まります。

(出典先:マルト汽船株式会社HP)

時刻表 (マルト汽船株式会社HP)

・始発は平日7:00土日祝8:00、終船は平日土日祝共に16:45

手段徒歩、自転車のみ
要時間片道約30分
運賃大人820円/小人410円

自転車120円

 

生口島発着フェリー ②沢港

2-1 沢港の概要

基本的に瀬戸田港の3~5分後(全部ではない!)に沢港へ寄ります。

空調はないですが、待合室はあります。基本無人です。

沢港の写真↓

待合室。空調は効いていないけど、心地よい海風を感じられる。↓

2-2 尾道行きフェリー

シトラスorサイクルシップ・ラズリ(3便より)(瀬戸内クルージング)

時刻表(株式会社 瀬戸内クルージングHP)

※HPには記載されていませんが、サイクルシップ・ラズリは不定期にシトラスに変更するかもしれません。

・平日土日祝共に2本、10:04と11:24のみ  

手段徒歩、自転車のみ
要時間片道約40分
運賃大人1,200円/小人600円

(地域住民1,050円)

自転車400円

2-3 三原行きフェリー

2-3-1シーホーク土生商船グループ

時刻表(土生商船グループHP)

・始発は8:20、終船は17:45

手段徒歩、自転車のみ
要時間片道約30分
運賃大人820円/小人410円

自転車120円

(※瀬戸田港から乗るのと一緒)

2-3-2 マルト汽船(しまなみ海運)

この三原行きの船は三原へ行く前に佐木島の向田、小佐木島へも止まります。

時刻表(マルト汽船株式会社HP)

始発は7:03、終船は16:48

手段徒歩、自転車のみ
要時間片道約30分
運賃大人820円/小人410円

自転車120円

2-4 須波港(三原)行きフェリー

2-4-1 第七かんおん(弓場汽船株式会社)

これは、瀬戸田港の経由なしで、須波港(三原)へ行くフェリーです。

※本土へ直接(三原、尾道)車で行くならこのフェリーしかありません。

始発は平日6:35、土日祝7:45、終船は平日・土日祝共に18:50

時刻表(土生商船グループHP)

手段徒歩、自転車、車、原付、自動二輪なんでもOK!
所要時間片道約20分
運賃(人・自転車)大人460円/小人230円

自転車120円

運賃(自動二輪)750cc未満380円

750cc以上500円

運賃(自動車)3mまで1,030円

3~4m1,440円…12mまで細かくあります

 

生口島発着フェリー ③赤崎港

3-1 赤崎港の概要

 因島(金山)行きのフェリー乗り場。

赤崎港↓

赤崎港待合室↓

多目的トイレもあり、親切なつくり。

3-2 因島金山港行きフェリー

第三いんのしま(三光汽船株式会社)

時刻表(三光汽船株式会社HP)

始発は6:50、終船は18:50(土日祝は全便運休)

手段徒歩、自転車、車、原付、二輪自動車なんでもOK!
所要時間片道約4分
運賃大人70円/小人35円

自転車(人込み)110円

運賃(原付人込み)140円
運賃(自動二輪)750cc未満170円

750cc以上200円

運賃(車)5mまで200円

それ以上は細かく料金設定あり。

生口島発着フェリー ④洲江港

4-1洲江港の概要

 岩城島(小漕)行きのフェリー乗り場。

 岩城島へはこの他に因島から行く船と今治から行く船がある。

洲江港↓

洲江港待合室。こぢんまり。↓

4-2 岩城島(小漕)行きフェリー

香川丸(三光汽船株式会社)

時刻表(三光汽船株式会社HP)

始発は6:30、終船は20:00(元旦はこの限りでない)

午前中は20分毎に運航。1日33往復。

手段徒歩、自転車、車、原付、二輪自動車なんでもOK!
所要時間片道約5分
運賃(人・自転車・原付)大人150円/小人80円

自転車(人込み)300円

原付(人込み)440円

運賃(自動二輪)750cc未満590円

750cc以上730円

運賃(車)車3mまで(運転手込みの料金)840円

まとめ

まず、生口島(瀬戸田)にはフェリーのりばが4つあります。

  1. 瀬戸田港からは尾道港・三原港行き(徒歩、自転車のみ)
  2. 沢港からは尾道港・三原港行き(徒歩、自転車のみ)フェリーと、須波港(三原)行き(徒歩・自転車・車OK)
  3. 赤崎港からは金山港(因島)行き(徒歩・自転車・車OK)
  4. 洲江港からは小漕港(岩城島)行き(徒歩・自転車・車OK)
フェリー利用に向く旅スタイル
  • 歩きで三原駅や尾道駅から電車に乗ったり、駅周辺をぶらぶらする人
  • サイクリングのショートカット
  • 瀬戸内・島感を満喫したい人

島の人たちに欠かせない船という交通手段。

で、やっぱり、時々乗ってみると「気持ちいい!」酔いませんし!

長くて40分くらいなので。

子供なんて「船!!」て、めっちゃ喜びますよ〜〜〜^^

ぜひ、島に来たら意識的に船に乗ってみてほしいと思います!

 

ABOUT ME
祥子長光
[名前]長光祥子(しし姉) [特徴]瀬戸田と瀬戸田の猟友会のおっちゃんに惚れて、大阪からIターン。 自然との共存を目指し、自身も猟友会へ加盟し、ハンティングする。 常に「おもろいこと」やりたい!2児の母。 瀬戸田のコミュニティカフェおしゃべりーカフェオープン。 [好きなもの]家族/料理/食べること [経歴]立命館大卒→会社員→Iターン→瀬戸田のコミュニティカフェオシャベリーカフェ代表。
「裏・ワタリドリブログ」をプレゼント!

この記事を最後まで読んでくれたあなたに秘密のプレゼントです。

世界最速で会社員を卒業して、ワタリドリになるための動画セミナー教材(100本以上、10時間以上)を、”期間限定”で無料プレゼントしています。

  • 世界最速でワタリドリになるための3つのステップ
  • 0から10万円を生み出す、2つのインターネット錬金術
  • 理想のライフスタイルを手に入れるための2つのポイント
  • 会社員卒業のために実は不要な5つの既成概念と、本当に必要な3つのこと
  • 2千万円以上騙されて学んだ、詐欺商材を買わないたった1つの秘訣

 

※教材の一部タイトルです

僕たちの仲間は、この「裏・ワタリドリブログ」を活用して、すでにライフスタイルに変化が現れています。

あなたも今すぐプレゼントを受け取って、一緒にワタリドリのようなライフスタイルを目指しませんか?