カメラ転売

配送の手間とコストをカット!3分で理解できるeBayの送料設定

  • どの配送業者を使ったらいいのかわからない・・・
  • 送料設定がわからない・・・
  • 送料を安くしたい・・・
  • 配送の手間をなくしたい・・・

「英語」+「国際発送」のおかげで、eBayの送料はなかなか理解しにくい。

日本から海外に輸出するには、どの業者を使って、送料がどれくらいかかるのか?

あるいは、設定はどうすればいいのか?

そこで今日は、国際発送の手間やコストを大幅にカットする方法をお伝えします!

eBay輸出で利用する配送業者は「◯◯◯◯」1択!

 

大手3社の価格を徹底比較!

 

日本から海外へ発送する方法は、たくさんある。

ヤマト、佐川、日本郵便、西濃運輸、DHLなど。

おそらく聞いたことのある会社ばかり。

しかし、結論から言うと、個人で輸出をするときに利用する配送業者は「日本郵便」1択!

 

理由は、安くて信頼できて、色んな地域に配送できるから。

しかも、郵便局ならどの地域でも近所にある場合が多いので、発送する際に非常に使い勝手が良い。

 

それでは実際に、国内配送大手のヤマト・佐川・日本郵便で比較してみよう。

大手3社で、2kgの商品をアメリカに送った場合の、価格差を比較した。

 ヤマト佐川日本郵便
料金2,750円

(サイズ60まで)

8,200円 1,080円

〜4,500円

配送日数4〜6日情報なし2日〜2ヶ月

 

料金は、佐川がダントツで高い。

 

ヤマトの料金は、日本郵便と同価格帯。

しかし、ヤマトの場合、60サイズまで。

さらに、配送方法の選択肢は1つのみ。

 

一方で、日本郵便は6種類の配送方法から選択可能。

料金と配送日数に応じて、自分で選ぶことができる。

コストを最小限に押さえるためには、日本郵便を使うのがオススメ。

 

日本郵便6つの配送方法

 

ということで、ここからは日本郵便に絞って話を進める。

日本郵便で海外に発送する際には、選択肢は6つある。

  • EMS
  • 国際eパケット
  • 国際eパケットライト
  • 航空便
  • 小型SAL便
  • 船便

 

 

この中から、利用する配送方法を決めるが、実は、僕のカメラチームで使っているのは2種類だけ。

それは、EMSと国際eパケット

 

その理由は以下の3つ。

  • 到着が早い
  • 保険が付いている
  • 追跡番号がある

 

下表は、東京からアメリカ(ニューヨーク州)に、1,800gの商品を送った時の送料と配送日数。

 

到着が早いeBay配送方法を選ぶ

 

アメリカまで、EMSだと3日。

国際eパケットだと1週間ぐらいで到着する。

配送が早いことを重要視する理由は、顧客満足度が高くなるという点。

なので、良い評価を得る、リピーターを得る、という意味では早く送れる配送方法を選びたい。

 

保険がついているeBay配送方法を選ぶ

 

次に、保険に関して。

保険とは、万が一どこかで商品がなくなってしまった時に、その商品代金を受け取ることができるということ。

国際eパケットは、5,000円までの保険がついている。

そしてEMSは、デフォルトでは2万円までの保険がついている。

EMSは、追加の料金を支払えば、いくらまででも保険をつけることが可能。

 

追跡番号があるeBay配送方法を選ぶ

 

追跡番号は、eBayでは必須。

eBayでも、追跡番号を付けた発送が、全発送の90%以上となるように推奨している

なにより追跡番号がないと、購入者にとっては本当に届くかどうかが不安でしょうがない。

なので、EMSや国際eパケットではない配送方法を選択したとしても、「国際書留」は絶対に利用しよう。

 

eBay配送の手間を10分の1にする方法

 

日本郵便の国際マイページを活用する

 

このEMSと国際eパケット。

日本郵便の国際マイページに登録しておこう。

配送の際のラベルを手書きしなくて良くなるという点で、非常に使い勝手が良い。

商品の取り扱いが多くなると、手書きでラベルを作成していては非常に面倒だし腱鞘炎になってしまうww

なので、ぜひオンラインに登録して、プリンタで印刷するようにしよう。

 

まずは、個人のお客さまとして登録。

 

国際マイページに登録、ログインしたらオンラインシッピングツールを利用する。

ここから、プリンターからの印刷が可能になる。

 

ただし、一つだけ注意点。

オンラインシッピングツールを使うと、専用のパウチ(印刷したものを入れる袋のようなもの)が必要になる。

このパウチがないと、オンラインシッピングツールで作成したものが使えない。

このパウチは、請求してから1週間程度で自宅に配送されるため、前もって請求しておくことが必要。

 

ラベル作成の手間を1/10にするShippng Tool

 

eBayをある程度利用しているなら知っているかもしれないShipping Tool。

Shipping Toolとは、eBayが提供している発送ラベル作成サービスのこと。

これはぜひ使って欲しい。

 

何が便利かというと、あなたの住所や、配送先である購入者の住所を自動で入力してくれる

あなたは、売れた商品の価格などを入力すれば、あとはPDFでラベルが作成される。

このShipping Toolを導入したことで、10分かかっていたラベル作成が1分に短縮できた。

つまり、ラベル作成に関する手間を10分の1にすることが可能。

 

eBayでの送料設定方法

 

eBayでの送料設定方法

 

eBayでの送料の設定方法は簡単。

商品を登録していくと、下図のような画面になる。

 

まず、注意点として、画面上部の「Domestic shipping(国内配送)」とは、アメリカへの配送のこと。

理由は、eBayはアメリカの会社だから。

 

①Services(配送方法)

EMSで配送する場合と、国際eパケットで配送する場合で選択が異なる。

EMSで配送する場合には「Standard Shipping from outside US」

国際eパケットの場合には「Economy Shipping from outside US」

 

②Cost(送料)

僕のカメラチームは、EMSであれば$30に設定していることが多い。

国際eパケットの場合には$20が多い。

もちろん、重さによって送料は変更している。

 

次に、アメリカ国外に発送する場合は、画面下部「International Shipping」で設定する。

 

③Ship to(配送地域)

Worldwide(全世界)にしても良いし、個別に設定してもいい。

ServiceやCostは、上述した通りで、アメリカ国内配送と同じに設定すればOK。

 

商品説明への記載方法

 

配送方法は、商品説明に記載しておくことをオススメする。

どの配送方法か、そしてどれだけの日数かを記載しておこう。

僕のカメラチームの記載はこの通り。(国際eパケットの場合)

 

まとめ

 

 

 

  • eBayで発送する際は、日本郵便を利用するのがオススメ
  • その中でも、EMSと国際eパケットを利用する
  • Shipping Toolを使うと、ラベル印字の手間が10分の1に!
  • eBayでは商品説明にも何で発送するかを記載しておく

 

海外輸出を通してビジネスを学び、自由気ままに生きるワタリドリライフを手に入れましょう!

ABOUT ME
畑中 紫臣
[名前]畑中紫臣(しおみ) [特徴]冬になると常夏の国へ逃亡する。超寒がり。マイペースで几帳面。2児のパパ。 [好きなもの]家族/旅/サッカー [経歴]北大院卒 →会社員 →独立 →家族で世界一周 現在の仕事は、マーケティングコンサルタント/セミナー講師/ゲストハウス運営/メディア運営 など
「裏・ワタリドリブログ」をプレゼント!

この記事を最後まで読んでくれたあなたに秘密のプレゼントです。

世界最速で会社員を卒業して、ワタリドリになるための動画セミナー教材(100本以上、10時間以上)を、”期間限定”で無料プレゼントしています。

  • 世界最速でワタリドリになるための3つのステップ
  • 0から10万円を生み出す、2つのインターネット錬金術
  • 理想のライフスタイルを手に入れるための2つのポイント
  • 会社員卒業のために実は不要な5つの既成概念と、本当に必要な3つのこと
  • 2千万円以上騙されて学んだ、詐欺商材を買わないたった1つの秘訣

 

※教材の一部タイトルです

僕たちの仲間は、この「裏・ワタリドリブログ」を活用して、すでにライフスタイルに変化が現れています。

あなたも今すぐプレゼントを受け取って、一緒にワタリドリのようなライフスタイルを目指しませんか?