海外移住

カナダ移住でかかる家賃は?部屋タイプや地域による家賃の違いまとめ

こんにちは!

予定通りカナダに行けるのか、悶々としているmayuです。

カナダに移住するにあたって、住まいも重要になってきますよね。

そこで今回は、カナダの家ってどんな感じなのか、一人暮らしの家賃はどのくらいなのかについて探っていきたいと思います。

カナダ移住でかかる家賃 〜部屋タイプによる違い〜

シェアハウス(一軒家の一部屋を借りる)

カナダでは、戸建ての一室を借りて他の人とシェア(一緒に住む)することがあります。

シェアの形は様々です。

オーナー家族とシェア

オーナーさんの家族が地上に住んで、地下の部屋を借りるということも多いようです。

カナダの家には地下がある家が多いようで、私の彼(カナダ人)の家にも広い地下があります。

彼の家は、物置と洗濯部屋になっていますが、これから息子さんの部屋にかえるようです。

あっ、ちなみに、彼は一度事実婚をしていて、息子さんがいます。

共用スペースをシェア

部屋を借りて、キッチンやバスルームはオーナーさんや他の人(シェアメイト)と共用して使うこともあります。

オーナーさんは一緒に住んで居らず、シェアメイトだけの何人かで住む場合もあります。

シェアハウスの家賃

地域や部屋の種類によって変わります。

あくまで目安ですが、一か月3万円台位からあります。

アパートメント

カナダのアパートメントは、日本のマンションのように高い階数の場合もあります。

下記にあるコンドミニアム(日本でいうマンション)と違って建物自体の管理者と契約します

シェア(一緒に住む)

カナダのアパートメントの部屋には、例えば1Bedルームと呼ばれる部屋があります。

リビングルームと寝室があり、両方共を個室として使い2人でシェアする方法もあります。

一人暮らし

バチェラーと呼ばれる、日本でいうワンルームの部屋に1人で住みます。

キッチンが別の場合もあるようで、日本に比べると部屋が広いようです。

アパートメントの家賃

シェア:35,000円位~

一人暮らし:約6万円台~

コンドミニアム(分譲マンション)

コンドミニアムは日本でいうマンションのような感じです。

上記のアパートメントと違って、部屋ごとの管理者と契約します。

プールやジムがついてたりします。

コンドミニアムの家賃

バチェラー(ワンルーム):66,000円位~

スポンサーリンク

カナダ移住でかかる家賃 〜地域による違い〜

引用元:海外留学推進協会(https://www.ryugaku.or.jp/canada/province_territory_city.html)

上の地図も見て頂きながら、地域別の家賃を比較してみます。

バチェラー(ワンルーム)を参考に見てみます。

デフォルトでは、西から記載しています。

地域家賃
ヴィクトリア(ブリティッシュコロンビア州)約72,000円
バンクーバー(ブリティッシュコロンビア州)約90,000円(高め)
カルガリー(アルバータ州)約68,000円
レジャイナ(サスカチュワン州)約54,000円
ウィニペグ(マニトバ州)約54,000円
トロント(オンタリオ州)約84000円
オタワ(オンタリオ州)約69,000円
モントリオール(ケベック州)約50,000円
ケベックシティ(ケベック州)約44,000円(低め)
シャーロットタウン(プリンスエドワードアイランド州)約45,000円
ハリファックス(ノバスコシア州)約63,000円

やはり、主要都市であるバンクーバーやトロントは比較的高いですね。

とれに比べて、ケベック州は少し安めのようです。

[カナダ移住]家賃に関わる注意点

家の探し方

インターネットで検索して、直接オーナーさんに交渉が多いようです。

例えば、

日本語のカナダ掲示板です。

英語の掲示板です。

日本語版には日本語が話せないオーナーさんの代わりに、退去予定の方などが代理で日本語で載せていたりもします。

家具付き

家具や調理器具などがついていることも多いようです。

※ただし留学生やワーホリの人が多いバンクーバーでは、テイクオーバーというシステムがあります。

テイクオーバーシステムでは、以前住んでいた住人から家具などを購入します。

そして、また退去するときに、次の住人に売るというシステムのようです。

敷金・礼金について

デポジットと呼ばれる日本でいう敷金が最初に必要な場合が多いです。

デポジット(家賃一か月分)+入居の月の家賃テイクオーバー費用(必要な場合)

※敷金は何かあったときのための保証金です。

 

ちなみに、イギリスでは、デポジットがないところも多く、

私はデポジットを払わず借りました。

また、イギリスもシェアハウスが多いです。

私は、オーナーさん夫婦ともう一人日本人の方と一緒のシェアハウスでした。

光熱費

シェアハウスやアパートをシェアする時は、光熱費が含まれていることもあります

確認が必要です。

スポンサーリンク

まとめ

現在(2020年)、日本でも東京などの都会ではシェアして住むアパートなどが増えています。

一方カナダでは、人暮らしの方にとってシェアハウスは比較的一般的なようです。

コストも抑えたい方で、人と一緒に住んでもいい場合は、この方法もありです。

また、地域によっても、金額が変わってきます。

住む場所に悩む場合は、こちらも参考にしてみてください!

ABOUT ME
mayu
こんにちは。mayuです。 現在(2020年5月)香川に住む34歳です。 海外、特にイギリスや北欧の古い雑貨や生活習慣、現地で地元の人に触れ合うことに興味があり、今までイギリスに1年滞在、ホームステイなどもしてきました。 今は、カナダ人の彼がカナダにおり遠距離中です( ´∀` ) 今後、カナダへの移住も視野に入れながら、日本とカナダを行ったり来たりの生活をしようと奮闘中です。
「裏・ワタリドリブログ」をプレゼント!

この記事を最後まで読んでくれたあなたに秘密のプレゼントです。

世界最速で会社員を卒業して、ワタリドリになるための動画セミナー教材(100本以上、10時間以上)を、”期間限定”で無料プレゼントしています。

  • 世界最速でワタリドリになるための3つのステップ
  • 0から10万円を生み出す、2つのインターネット錬金術
  • 理想のライフスタイルを手に入れるための2つのポイント
  • 会社員卒業のために実は不要な5つの既成概念と、本当に必要な3つのこと
  • 2千万円以上騙されて学んだ、詐欺商材を買わないたった1つの秘訣

 

※教材の一部タイトルです

僕たちの仲間は、この「裏・ワタリドリブログ」を活用して、すでにライフスタイルに変化が現れています。

あなたも今すぐプレゼントを受け取って、一緒にワタリドリのようなライフスタイルを目指しませんか?