起業に失敗したら再就職するべき?当時の自分に送る5つのアドバイス

ども、しおみです!

今日は、起業に失敗した過去の僕へのアドバイスを記事にしました。

  • これから起業をしようと思っている
  • 起業するのが怖い
  • 起業して失敗したことがある
  • 再就職しようか悩んでいる
  • 生涯、会社員を全うできるか悩んでいる

こんな人におすすめの記事です。

僕の過去の経験と、今だからこそ送れるアドバイスをまとめました。

ぜひ参考にしてもらえたら幸いです。

目次

起業に失敗して再就職するまで

起業に失敗。再就職か起業を目指すか、究極の選択

何を隠そう(いや、隠してないけど)僕は、大学生の頃から起業したい欲が強めでした。

しかし、何をやっていいかわからず

  • お金もない
  • 知識もない
  • 人脈もない

そんな中で起業する勇気はなかったので、とりあえず就職したのです。

 

しかし、貯金をためる以外に何もできず…

悶々とし始めた3年目にチャンスが到来。

自称「起業家」と出会い、僕も会社員をやめて起業することに。

 

起業家の正体は「アムウェイ(ネットワークビジネス)」の成功者。

アムウェイはクチコミで商品を広めて、ネットワークを構築するビジネス。

ネットワークの大きさによって報酬額が決まるビジネスモデル。

無知だった僕は、自ら商品を買い漁り、たった1年で貯金300万を使い切ってしまったのです。

そこで

  • 諦めて、再就職するのか?
  • 諦めずに、起業を目指すのか?

究極の選択を迫られた。というわけです。

僕が選んだのは

僕が選んだのは、起業を目指し続けることでした。

アルバイト、派遣でなんとか生活費を稼ぎ、空いた時間で起業を目指し続けました。

しかし、さらに2年が経っても状況は悪くなる一方…

  • 給料は毎月使い切り、ギリギリの生活
  • 睡眠時間を削り
  • 周囲の信頼を失っていくばかり

そんな3年間でした。

 

しかし、気がつくと、30歳が目前…

「30歳を過ぎてしまったら、再就職先がなくなるんじゃないか」

こんな不安に駆られて、ハローワークに通いました。

そして、ついに再就職をすることに…

正社員に戻るという選択をしたのです。

(詳しくは、しおみのプロフィール参照)

起業に失敗→再就職→再チャレンジ

正社員として再就職した僕は、それでも起業を諦めきれませんでした

  • 朝、目覚まし時計で、無理やり目を覚まし
  • 決まったことを毎日こなすだけの毎日
  • 営業成績は、給料に反映されることなく
  • 午後は眠気との戦い
  • 楽しみは、年に3回の長期連休だけ

この生活に逆戻りした途端に、アレルギー反応です。苦笑

全然仕事は手につかず、なんのために生きているのかすら疑問視し始めました。

 

そんなときに、インターネットビジネスと出会ったのです。

当時、仲良くしていた友達が、インターネットビジネスの講師としてデビューし、僕もその生徒となる決意をしたのです。

(詳しくは、ワタリドリメルマガ参照)

 

すると、副業でスタートしたにも関わらず、初月から利益20万達成

翌月も、その翌月も…右肩上がりに利益を伸ばしていったのです。

「これはまぐれじゃない…!」

そう確信した僕は、再就職した会社を早々に退職。

 

そして、今では(もちろんたくさん苦労もありましたが)

会社を設立するまでになり、再就職をするという選択肢は、完全に消えてしまったのです

起業に失敗して再就職した当時の僕へ5つのアドバイス

さて、ここからが本題です。

起業に失敗した当時の僕は、再就職という選択をしたわけですが、(運良く起業側に戻れましたが)「今の僕ならどうするだろう?」と、考えてみました。

これから紹介するアドバイスはあくまで、今の僕から当時の自分へのアドバイスです。

アドバイス① なぜ起業したいと思ったのか?を思い出せ

「再就職しようか?」「起業チャレンジを続けようか?」

迷ったのなら、なぜ起業を目指したのか、思い出して欲しい。

僕の場合は、

  • 「やってもやらなくても同じ」が、耐えられない
  • もっと自分の可能性にチャレンジしたい

だから、一生会社員を続けることはできないと思ったし、起業しか生きる道はないと思ったんですよね。

だとしたら、

「会社員としての生活に戻れるのか?」

「それを一生続けることができるのか?」

って。

再度、問いかけてみると答えは明白です。

「オイラ、会社員できないぃぃぃ」

 

起業できるか?できないか?じゃなくて、

起業を「やる」か「絶対やる」か「死んでもやる」という選択肢しかなくなるわけです。

だって、「会社員できないぃぃぃ」なんですから。

他に選択肢はないのです。笑

アドバイス② 正社員を頑張った先に、起業はない

僕は、人を雇う側になって初めて気がついたんですが、正社員の先に起業はありません。

恥ずかしい話、正社員を頑張った先に独立があると思ってたんですが、それは完全に幻想でした。

理由はとても単純で、正社員と経営者では、求められる能力がまったく違うからです。

正社員は、与えられた仕事をこなすこと(1→100にする)

経営者は、仕事を作り出すこと(0→1を生み出す)

だから、正社員を極めれば、すごく優秀な正社員にはなれますが、経営者にはなれないのです。

これは、どちらが優れているとかではなく、役割が違う。それだけの話です。

 

欧米には、こんな格言があります。

成績がAの学生が、成績がCの学生の会社で働く

つまり、いい大学を出て、いい会社に就職すれば経営者になれる、というわけではない。

起業をしたいのなら、起業をすることでしか必要な能力を磨くことができないのです。

アドバイス③ 「期限」を決めなさい

何事も「いつまでやるのか?」期限を決めることが大切です。

ただし、「○○までに成功できなかったら、起業を諦める」という期限ではありません

そうではなくて、「その事業で、いつまでチャレンジするか?」を決めろということ。

 

僕は、アムウェイで3年以上ビジネスをやっている「つもり」でした。

1円の収入もないくせに。苦笑

何がダメなのか、どう改善したらいいのか、ろくに考えることもせずに、だらだらと3年がすぎていたんですね。

だけど、なぜか「このビジネスだ!!」って最初に思ったから、それを捨てきれずにいたわけです。

 

もし、具体的な期限の目安は?と聞かれたら、3年。

どんな事業でも、3年やってダメなら諦めていいかと。

どんな優れた起業家でも、事業が100%あたるなんてことはあり得ません。

3年やってみてダメなら、次の事業にチャレンジしてOKです。

「この事業は自分に合わなかった」でいいんです。相性もありますから。

だって、起業は0→1を生み出すので、やってみなきゃわからないことばかりですよ。

 

ただ、僕の場合、元々「教育」「人材育成」に興味があったわけです。

だから、ネットワークビジネスはドンピシャだった。そこを離れるのが怖かったんです。

インターネットビジネスで、果たして「自分が本当にやりたいこと」ができるのか?

そこだけが心配だったわけですね。

でも今では、せどり(オンライン物販)を取っ掛かりに、起業家育成や、企業の人材育成に携わっています。

 

「自分が本当にやりたいこと」は、今すぐできなくてもいいんです。

なぜなら、どんな寄り道をしたとしても、最終的にそこに行き着くんですから。

まずは、起業して生活できるようになることが最優先ですね。

そのための手段を探し、自己成長し続けることが大切なのです。

アドバイス④ なぜ失敗したのか?原因を探れ

起業に限った話ではないんですが、うまく行かなかったときに

「あーダメだった〜」で終わるから「失敗」で終わってしまう。

成功するまでに失敗はつきもので、一発で成功することなんかほとんどあり得ないんです。

だから、成功するためには、失敗したときに、「なぜ失敗したのか?」を探ることがとても重要

原因を突き止めて改善することで、着実に成功に近づけるわけです。

 

ちなみに僕の場合は、集客ができないのが原因でした。

ネットワークビジネスで成功するには、「いかにして新規集客をするか?」が、成功のための1つの要素。

集客という概念を持たず、

  • 手当たり次第、知り合いに声をかけたり
  • 知らない人にも声をかけたり(笑)
  • 嫌がる人を無理やり取り込もうとした

そんな僕の姿勢は、身近な人の信頼を失うには十分だったわけです。苦笑

 

だから、成功するための選択肢は2つ。

  1. 集客をちゃんと学ぶ
  2. 集客不要のビジネスモデルに切り替える

このどちらかですよね。

そこで、僕は(たまたま偶然)集客不要のビジネスモデルと出会い、成功できたわけです。

アドバイス⑤ 「諦めたらそこで試合終了ですよ」

本業と副業の違い。定義はなんでしょう??

僕は、気持ちの本気度だと思うんですよね。

だから、取り組む時間は少なかったけどインターネットビジネスが「本業」。

毎日朝から晩まで働く会社員の方は、生活費を稼ぐための「副業」でした。

とにかく本業(インターネットビジネス)で稼ぐことが、僕のミッションだったのです。

 

本業で成功する秘訣は、とても簡単です。

成功するまで諦めないことです。失敗しても成功するまで立ち上がること。

失敗→→→検証→→→改善→→→実践→→→失敗→→→検証→→→改善→→→実践→→→・・・→→→成功

この繰り返しです。

なんか根性論みたいに見えるので、あまり好きではないんですが、

成功とは、誰でもできることを、誰にもできないくらいの量(or 質)をやることでしか得られない、案外地味なものなんです。

  • すんごいアイデア
  • すんごいノウハウ
  • すんごいテクニック

残念ながら、そんなものに頼った成功者は、世の中に1%も存在しないのです。

だから、成功するまで副業(派遣やアルバイト)で生活費を稼ぎながら、本業を続けたらいい。

※もし副業として正社員で再就職するなら、時間を自由に使えることが条件

 

当たり前ですが、もし本業を諦めてしまったら、その時点で起業への道は閉ざされるのです。

まとめ

起業に失敗して、再就職するかどうか?

もし悩んだら、残りの人生、本当はどうしたいのか?考えてみてください。

  • 会社員として生きるのか
  • 経営者として生きるのか

もし経営者として生きたいのなら、諦めないでください。

副業として会社員や派遣、アルバイトをしながらでも、起業にチャレンジすることはできます。

ぜひ自分の可能性を信じて、努力を続けてもらえたら嬉しく思います。

参考になったらシェアしてね!

この記事を書いた人

[名前]畑中紫臣(しおみ)
[特徴]冬になると常夏の国へ逃亡する。超寒がり。マイペースで几帳面。2児のパパ。
[好きなもの]家族/旅/サッカー
[経歴]北大院卒 →会社員 →独立 →家族で世界一周
現在の仕事は、マーケティングコンサルタント/セミナー講師/ゲストハウス運営/メディア運営 など

目次
閉じる